2018.11.12

「第18回たんば青春俳句祭」細見綾子賞の入賞作品。

11月10日、丹波市柏原で開催された「第18回たんば青春俳句祭」へ日帰りで行ってきた。
しばらくしたら、丹波市のホームページに結果が発表されるが、ここで先に細見綾子賞について掲載させていただく。

大 賞
柿熟れて綾子生家の俳画めく
兵庫県 松下孝裕様

選者賞 茨木和生選 
秋祭綾子寄進の太鼓打ち
兵庫県 山尾カツヨ様

選者賞 板倉西逈選  
田の神を山に帰さむ稲架を解く
岐阜県 大西誠一様

選者賞 辻恵美子選  
爽やかや軸に立ちたる綾子の字
富山県 成瀬真紀子様

他に入選句は12句あるが、そちらの発表は丹波市のホームページの更新をお待ちいただきたい。(更新が分かったら、お知らせします)
大賞の松下孝裕様には、細見綾子句集『存問』、限定100部の特製本(自筆茶掛付き)を副賞として差し上げた。
昨年より投句数も増え、入賞者の方が会場にいらしてくださり、盛会だったことを喜びたい。


さて、「たんば青春俳句祭」には、小学生の部、中学生の部、高校生の部、当日受付の俳句ラリーの部もある。そちらの結果も丹波市からの発表を見ていただきたいのだが、一句だけ、ここで紹介したいと思う。

4部門の入賞は当日に公開選句されるわけだが、会場で渡された入賞候補の入選作品集を見ていて、とても惹きつけられる句があった。私は俳句の素人であるが、細見綾子や沢木欣一の俳句の読者として、俳句に親しんできた。俳句に求めるものは共感と、言語表現の圧倒的な美と、新鮮に感じ入る言語体験、身体に染み入るようなリズム、だろうか。もっと考えれば、出てくるかもしれない。

その俳句は、俳句のプロの三人の選者の先生方にも選ばれて、高校生の部の大賞を取った。だから、素人から理解され好感を持たれ、かつ、プロの厳しい目でも選ばれる句なのだ。

高校生の部 大賞
夏の果クレヨンの青短くて
兵庫県立氷上西高等学校三年 新居知己様

彼は俳句が好きで続けて詠んでいるそうだ。これからもずっと俳句を続けてくれると祈りたいし、俳句でなくても、他の表現で頭角を現すかもしれない。お名前を記憶に留めておこう。

たんば青春俳句祭

| | コメント (0)

2018.11.05

供花。

本日は義父の命日。
お墓は義父が建立し、義父の文字で墓石に家名など刻まれているので、義父を一番神聖に思い出す場所である。
供花はkazeよりも義母よりも豪華にと毎年思っている。
ここ2年は薔薇尽くしだった。
地元で1番好きな花屋さんで買っていく。
とてもセンスの良い、大人な感じのシックな花が揃っている。この時期はたくさんの種類の薔薇を揃えてくれている。しかし、今年は定休日に当たってしまった。
なので2番目に好きな花屋さんで供花を選んだ。
好みの感じの薔薇は少なく、薔薇尽くしは無理だと思った。
お店の方と相談しながら、ひとつひとつ花を選ぶ。
所謂、コンビニで売っているような標準の供花は嫌いだ。
りんどう、カーネーション、菊…、それぞれの花に罪はないけれど、あの組み合わせ、あの色合い、全く好きではない。自分では絶対に買わない。

そんなわけで今年、義父に奉げた花。

供花

周りの枯れ花は女郎花。今年は枯れが遅い。
昨年は見事な枯れ花になっていたが、今年の女郎花はまだ生っぽい。
それどころか、黄色い花が少し、まだ咲いている。

女郎花

昨年、一昨年はこの日咲いていたリュウノウギクは今年咲かなかった。。。

| | コメント (0)

2018.10.27

トニー・ベネット。

よく行くお店で流れていたBGMが、あまりに素敵な歌声だったので「誰ですか?」と尋ねた。
トニー・ベネットとのこと。
名前だけ聞いたことのあるアメリカの大御所だ。
トニー・ベネットが有名アーティスト(バーブラ・ストライサンド、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、スティーヴィー・ワンダー、ジェームス・テイラー、セリーヌ・ディオン、エルヴィス・コステロ、スティング、アレサ・フランクリン、マライア・キャリー等)とデュエットしたアルバムと、レディー・ガガと組んだアルバムを教えてもらった。評判になり、とても売れたそうだが私は初耳。一気に3枚、大人買いした。

    

聴いただけで涙が出てくるような曲がたくさんあるが、この中で1曲、お勧めするとしたら「DUETS」の5曲目、「The Shadow of Your Smile」
映画「いそしぎ」の主題歌と言ったらお分かりの方もいらっしゃるかも。リンク先のamazonで少し試聴出来る。
YouTubeで検索するとレディー・ガガとのデュエットも聴ける。


表参道

| | コメント (0)

2018.10.21

プチピクニック。

5月に書いたこの記事の最後に載せた植物を確認しに行ってきた。
見に行くのが遅かったようで実はほとんど落ちていたのだが、少しだけ残っていた。

サワフタギ

実はすでに黒ずんでしまっているが、潰したら瑠璃色の汁が出た。

サワフタギの実

サワフタギで間違いないと思う。
春に花を見て、知らない植物だったのでネットで調べて、たぶんサワフタギと思い、秋に青い実を見れば確信できると思っていた。
こうして未知の植物をひとつずつ憶えていくのは、とても楽しいことだ。

この場所はひっそりしたところで人気(ひとけ)はない。
私有地で誰でも入れるように解放されている。
絶滅危惧種の植物もあったりする素敵なところだ。
今回はピクニック気分で珈琲と焼き菓子を持って行った。

プチピクニック

家から徒歩20分くらいのところなので、財布もスマホも持たずに出掛けた。
蚊が多くて長居はしなかったが、しばしリラックスすることが出来た。

この場所へはこれからも行くと思う。
何せ、この樹木があったので。

ウケザキオオヤマレンゲ?

たぶん、ウケザキオオヤマレンゲだと思う。
まだ若木で花は咲いたことがないようだ。
観察を続けたい。

| | コメント (0)

2018.10.11

毎年の健康診査。

毎年、秋に受けている市の無料の健康診査へ行って来た。
懸念の血圧は今年も大丈夫で、努力によって自力で血圧を下げた私は偉い。(自画自賛)
昨年は対策をいろいろ書いたが、さらに1年経験を積み上げた実感として、高血圧対策で私に効果があったのは、減塩、運動、玉葱食、オリーブオイルだと思う。

一緒にインフルエンザの予防接種を受けるのも去年と同じ。
kazeは予防接種に懐疑的だったが、いろいろ考え、私は毎年受けることにした。
病院は少し遠いのだが、kazeが信頼していた医師のところに3年前から行き始めた。
健康を守るためには医者は選ばなければならない。
健康に生きたいと思ったのは、3年前なんだな。
つまり、この頃にうつ病が良くなり、ようやく私は前を向いたのだと思う。

シロテンハナムグリ
シロテンハナムグリ

| | コメント (0)

«台風後の山野草。