2018.07.11

我が家のコーヒーミル。

ほぼ毎日、珈琲を飲む。
たいてい朝の一杯から始まる。
お湯を沸かし、豆を挽いて、ハンドドリップで淹れる。
コーヒーメーカーは捨ててしまった。
ハンドドリップで淹れる方が断然おいしいし、淹れることを面倒だと思わないので。
豆は手挽きのミルで挽く。kazeの遺品のザッセンハウス、サンティアゴ。

ザッセンハウスのコーヒーミル

私がお嫁に来たときにはすでに古めかしい存在感で鎮座していた。いったい何年前のものなんだろうか。
ミルの部分はまったく壊れる様子がない。
ただし、木箱の部分は数回壊れている。引き出しの取っ手が外れ、引き出しの面や底板も外れたことがある。その都度、自分で補修してきた。
本来は膝に挟んで使うように作られているが、私はテーブルの上に置いて使っている。ちょっと力はいるが、ぐいと左手で押さえて、右手でハンドルを回す。ガリガリと快適。
kazeが工夫して豆の挽き具合を調整するネジを針金で固定してしまったので、粗めにしか挽けないがブレることもない。この道具を愛している。

と言いながら、珈琲の道具には興味があるので、他のミル、手動も電動のものも常にチェックはしている。
そんな我が家に新しいミルがきた。懸賞で当選したのだ。

ハリオ、セラミックコーヒーミル・ウッド。

ハリオのコーヒーミル

美しい形、しかし使いにくい。
握りにくいし、力が入らない。ザッセンハウスの3倍回さないと豆が挽き終わらない。ギアの性能が低いということだろう。これだと電動式のミルが欲しくなる。
これは机に置いて使うものだが、私は膝に挟んで使う。面倒である。
ひとつだけ、ザッセンハウスに勝っている点がある。
挽いた珈琲の粉をドリッパーにそそぎやすい。
こちらは挽き具合が調整できるので、細かく挽きたいときのために持っておこうとは思う。
愛してあげられなくて、ごめん。

| | コメント (0)

2018.07.09

みっけの命日。

きょうは愛猫みっけの命日、三回忌。
昨年は命日のことを書くことができなかった。
今年は書けたのだから、少し前に進めたのかな。

kaze亡き後、私を支えてくれたのは間違いなく猫たちだった。
猫の世話をし続けることが、生きる原動力になったし、健康に気をつけるきっかけになった。今も血圧を気にして、毎日走ったり、食事制限を我慢できるのは、猫より長生きしなきゃという使命感から始まったこと。

みっけのことをいろいろ書くつもりで書き始めたが…、うまくまとまらない。

花

リップサービスだったのかもしれないが、チャネラーさんはkazeと一緒に顔の黒っぽい猫があなたを見守っている、と言ってくれた。
言われて嬉しかったが、よくよく考えると、2匹じゃないの? 黒っぽいならみっけだろうけど、ぽんちゃんは?と思い、そういえばみっけのことばかり思い出して、ぽんのことはあまり考えていなかったと反省した。それから平等に2匹を思い浮かべていたら、ある日、頭の中にイメージが広がって、ぽんも舞い降りてきた。
以来、私の守護霊はkazeと猫2匹になった。
kazeは常にニコニコとしており、ぽんは心配そうな顔で、みっけは平然としている。

| | コメント (0)

2018.07.04

百合の季節。

墓所の鬼百合。開花2~3日目。

鬼百合

今年は12個もつぼみが付いた。次に行くときが満開かな?と楽しみにしている。
下は井の頭公園の鬼百合。夕方暗くなってからの撮影だが、開花1日目と思う。

鬼百合

井の頭公園の山百合。

山百合

一番俳諧的な百合だと思う。(私見)

山百合

同じく、井の頭公園の姥百合。

姥百合

井の頭公園では百合が見頃だ。

最後はお墓に供えたオリエンタルリリー。

オリエンタルリリー

鬼百合が咲いているのに、百合を供える?と迷ったが、今、百合の季節なのだ。

| | コメント (0)

2018.06.29

梅雨明けの山野草。

まだ6月なのに梅雨が明けたそうだ。
雨が降らないので、ベランダから移植したヤマオダマキへの水やりのため、墓所に通う。

鬼百合の咲き出すのを待っている。
鬼百合は昨年も咲いたが、昨年はブログの更新意欲があまりなく、鬼百合の写真をアップしていない。
本日の様子。

鬼百合

明日咲くかな?
咲き出す前に、つぼみの写真が撮れたのは良かった。
kazeは咲いた花だけではなく、つぼみや枯れ花の写真をよく撮っていたなあ、と思い出す。

女郎花はこんなにいっぱい咲いている。

女郎花

女郎花は3株植えてあって、日当たりの良い場所のは生育が早い。
女郎花には義母の命日まで咲いていてほしい。

桔梗は20くらいの花を咲かせていた。

桔梗

しかし、もう二重桔梗(フタエギキョウ)は無かった。
やはり、あれは珍しかったのだと思う。
この桔梗は野生種で絶滅危惧種に指定されているのだが、「原種」であるため、遺伝的な多様性を維持しているのだと思う。

| | コメント (0)

2018.06.23

女郎花と二重桔梗。

2週間前の様子から、そろそろ墓所で鬼百合が咲いているかと思っていた。鬼百合はまだだったが女郎花は咲いていた。お墓の山野草の生育にはいつも驚かされる。

女郎花

女郎花はたぶん9月まで咲き続けるし、枯れ姿は11月まで楽しむつもり。
女郎花は花期が長く背が高く見映えがするし、枯れ姿まで美しいし、少々臭いのだが、墓所の山野草の代表だと思う。

さて、桔梗は今が第一のピークのようで、10個もの花が咲いていた。
そして、そのうちのふたつは二重桔梗(フタエギキョウ)だった。

桔梗

冷静に書いているが、三年目にして初めてのことなのでビックリして、帰宅してネットで調べた。
二重桔梗ばかりの花が付く株もあるようだが、一重の中に変異で二重が付くこともあるらしい。面白い!

墓所の山野草のことをよく書いていて、記事も増えたので、カテゴリーを独立させようと思う。
自分の希望で山野草を植えてもらって、以前より大切な場所になった。
励まし、元気づけてくれる。

| | コメント (0)

«スイカを失くしたのでApple Watchを買った。