2018.02.20

「加藤楸邨 詠むことと書くこと」展

駒場の日本近代文学館にて、本日より開催された「加藤楸邨 詠むことと書くこと」展をご案内したい。
細見綾子の生家内の展示の参考になると思うので必ず行きたいと思っていた。すると、近代文学館より連絡があり、こちらが寄贈した沢木欣一と楸邨先生との繋がりのある資料も展示してくださるとのこと。有難いことである。
欣一の句帳など3点と、色紙が展示される。

所蔵資料展「加藤楸邨 詠むことと書くこと」

開催期間:2018年2月20日(火)―3月24日(土) 
開館時間:9時30分~16時30分(入館16時まで)
休館日:日曜・月曜/第4木曜(2/22・3/22)
会場:日本近代文学館・展示室
   (京王井の頭線「駒場東大前」下車 徒歩7分)
観覧料:200円

※同時開催「震災を書く」


招待券が3枚あるので、ご希望の方はコメント欄にお申し出ください。
先着順。おひとりで同行者の分を含めて3枚希望されても構いません。
ただし、私と面識のある方のみの応募を有効とさせていただきます。
メールアドレス(表示されません)以外の個人情報は書かないでください。
こちらからメールにてご連絡差し上げ、お送り先を伺い、郵送いたします。

薔薇
昨年、欣一の命日に墓前に供えた薔薇。

| | コメント (0)

2018.02.18

お砂糖控えめの柚子りんご。

1ヵ月くらい前にネットで知った柚子りんご
土井善晴先生考案のデザートがツイッターで広まった。
オリジナルのレシピは柚子、りんご、各1個でお砂糖を50gも使うらしいのだが、糖質制限している私には恐ろしいレシピである。
私は新美敬子さんに習い、その1/10、砂糖5gで作る。
柚子もりんごもさわやかさが消えず、5gでいいと思う。
砂糖を減らしても大丈夫なポイントは柚子の皮の黄色い部分だけを使うところにある。白いワタが苦いのだ。

以下、新美敬子さんの作り方より。

柚子りんご

・柚子1個をよく水洗いし、サッと熱湯を回しかける。
・皮を薄く剥いて(黄色の部分だけ)、千切りにする。
・柚子の身の部分は、果汁を絞る。
・皮と果汁に、砂糖を5gほど混ぜる。(もっと多くてもOK)
・これらを、ビニール袋に入れてよく合わせる。

・りんご1個を、好きなように切って、上記のビニール袋の中へ入れる。


よく混ぜればすぐに食べられるが、数時間~1日置くとおいしい。

写真のりんごは荒く皮を剥いてから、8等分のくし型に切って、さらに8等分している。

柚子りんご

柚子の終わりそうな季節になってからの紹介で申し訳ない。
検索すると、他の柑橘類でも作れるらしい。(けれど柚子がおいしいと思う)

| | コメント (0)

2018.01.29

2018年4月1日公開、綾子の生家。

2018年4月1日から予約制にて一般公開される細見綾子の生家見学について。
見学は4月1日から可能だが、展示物は揃っていないかも…。
というのは、私からいろいろ寄付する予定なのだが、正式な依頼がないのである。
こちらとしても、ちゃんと展示環境が整っていないと不安でお渡しできない。
正直言って、頼りないのである。

とは言っても、初年度から見学者にたくさん訪れていただかないと、今後の開館状況が不安になる。交渉はこの世で一番苦手なことだが、がんばって進めなければ。
まずは神頼みならぬ仏頼みでお墓参りに行ってこよう。
不思議な力に守られて、kazeがいなくなっても、ここまでやってこられた。
お義父さん、お義母さんにも力をいただこう。

◆細見綾子生家見学 ※完全予約制

2018年4月1日から。月曜は休み(火水木金土日は見学可能)
入館料:200円(高校生以下は無料)
予約先:丹波市 文化・スポーツ課(春日住民センター・文化ホール内) 代表 Tel:0795-74-0225 Fax:0795-74-2855

綾子の生家、改修前
綾子の生家

| | コメント (0)

2018.01.23

降雪のち。

たくさんの雪が降り積もった。
きょうは今期最後の授業があり、出歩きたくなかったが、そういうわけにもいかなかった。
道の固まった雪がツルツル滑る。
雪靴のはずが滑る。
転びはしなかったがヒヤヒヤした。

明日も出掛けなければならない。
また滑りそうで憂鬱だ。
雪靴ではなく、踏ん張れる(はずの)5本指シューズを履いて行こう。

雪スヌーピー

写真は通りがかりに見て可愛いなと思ったので、雪だるまならぬ、雪スヌーピー。
もっと、きれいな雪景色の写真を撮るべきだったか。

昨日の雪の降り始め、
「kazeなら大喜びで雪景色の写真を撮りに出掛けただろうなあ」と、ぬくぬくの床暖房の効いた部屋から窓の外を見て思った。
その思い付きの半分くらいしか付いて行かなかったが、全部付いて行かなかったことを後悔している。

| | コメント (0)

2018.01.03

あけましておめでとうございます。

謹賀新年。
2018年、あけましておめでとうございます。
心掛けとしては、もうちょっとブログを更新したいと思っております。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

三が日は、のんびりと寝正月とテレビがお友達で過ごしました。
昨日は初詣に行って来たという、私にしては良く出来たことです。

今年は例年の3倍の値段のお節を頼みました。
小さな懐石料理屋さんの手作りの二段重です。
31日に家まで届けてくれて、保存料を使っていないので元旦には食べて欲しいと言われ、量が1~2人前なので、31日と元旦で食べ切りました。

ちゃんと照明当てて撮るべきでした。写真写りより、ずっと見栄えのするお節でした。

お節

お品書きは3~4人前のお節のものが書かれているので、実際の品数は少なめです。しかしながら、十分にして満足なものでした。
薄味でたいへんに上品な良いお味の凝ったお節料理でした。
栗きんとんは、甘くないせいで、なんの料理か考えてしまったほどでした。
また、来年も頼みたいと思います。

さて、お節を元旦に食べ切ったため、2日から自炊だったわけですが、久しぶりに風茶房的な手抜き創作料理を発見しました。
すき焼きをして鍋に残った分に翌日、カレー粉を少し足して温め直すのです。もちろん、肉はたくさんあるにこしたことはないのですが、少なめでもしょうがないですね。残り物ですから。野菜とキノコはいっぱい入っていると幸せです。
あ、お汁は飲みません。捨てます。砂糖と醤油で味付けですから、糖質制限と減塩をしている身には毒ですもの。

| | コメント (2)

«細見綾子生家について。