2018.10.11

毎年の健康診査。

毎年、秋に受けている市の無料の健康診査へ行って来た。
懸念の血圧は今年も大丈夫で、努力によって自力で血圧を下げた私は偉い。(自画自賛)
昨年は対策をいろいろ書いたが、さらに1年経験を積み上げた実感として、高血圧対策で私に効果があったのは、減塩、運動、玉葱食、オリーブオイルだと思う。

一緒にインフルエンザの予防接種を受けるのも去年と同じ。
kazeは予防接種に懐疑的だったが、いろいろ考え、私は毎年受けることにした。
病院は少し遠いのだが、kazeが信頼していた医師のところに3年前から行き始めた。
健康を守るためには医者は選ばなければならない。
健康に生きたいと思ったのは、3年前なんだな。
つまり、この頃にうつ病が良くなり、ようやく私は前を向いたのだと思う。

シロテンハナムグリ
シロテンハナムグリ

| | コメント (0)

2018.10.07

台風後の山野草。

先週の台風24号の後、ようやくお墓の様子を見に行くことができた。
暴風が吹き荒れたので、植物の様子が気になっていた。

案の定、何本かの女郎花が倒れ、地面に枯葉が溜まっていた。
枯葉を取り除き、倒れた枝をいくつか切る。控えめに。
11月の義父の命日までは枯れ姿の女郎花を残したいと思っているのだ。
ところが、義父の命日の頃に花期を迎えるリュウノウギクに元気がないと気付いた。女郎花の生育が良すぎて日陰になっていたせいだろうか。つぼみが付くどころか、葉っぱもチョボチョボだ。
今からでは遅いかもしれないが、リュウノウギクのために周辺の女郎花と桔梗は切ることにした。(周辺だけ!)

女郎花

狭い墓所で植物たちは太陽の光を取り合っているのかも。
去年はたくさん咲いたアサマフウロだが、今年は2つしか咲かなかった。
それも花の咲いたところは見ていない。
今日はすでに花びらが落ちていた。

アサマフウロ

それでも蘂が美しい。

アサマフウロ

花が多かったり少なかったり、咲かなかったり、それも含めて変化を楽しもう。なんとか、絶えてしまうのだけは避けたい。

| | コメント (0)

2018.10.04

突発性難聴。

9月、体調を崩していた。
突発性難聴になってしまったのだ。
幸いにして症状が出た日にすぐ治療を開始したため、薬を飲み始めて1週間にして、ほぼ聴力は戻った。
ただ、ボーっとした感じが残ったため、薬は3週間飲んだ。
3週間目の検査で聴力は平常に戻ったので治療終了となった。
今、ほんの少しの違和感は残っているのだが、薬を飲むのが好きではないので、このまま様子をみることにした。
早期治療のおかげで聴力が戻って、本当に良かった。

GINZA SIX

皆様も、万が一、聞こえ方に異常を感じたら、迷わずすぐに病院へ行ってくださいまし。難聴とは結びつかないような、ほんの少しの違和感から始まりました。
「耳の異常は様子見をせずにすぐに病院へ行け」とは、15年ほど前、ネットで知り合った方からお聞きしたのを憶えていて、突発性難聴の知識も少しはありました。
今度は私の体験が、どなたかに伝わりますように。

| | コメント (0)

2018.09.06

キャスリン・バトル虹立つやうに唱ひたり

本日は義母の命日。
命日には普段のお墓参りとは違う何かをしようと思っている。
ささやかで、特筆すべきことではなくても、私の心に残る何かを。
きょうはキャスリーン・バトルの音楽を墓所で流した。

キャスリン・バトル虹立つやうに唱ひたり 細見綾子

これは昭和63年の句。この句を詠んだときのことをkazeが書いている。
「アンコール。」

花

kazeはもっとブログを書くべきだった。

さて、本日の墓所の山野草。
ツルボは花期を終えようとしている。

ツルボ

女郎花は3本の日当たりが違うため、それぞれの花期がずれて、今も盛りと咲いている。

女郎花

桔梗は二番花が真っ盛り。

桔梗

ナガボノシロワレモコウは風情があって、咲き始めも咲き終わりも絵になる。

ナガボノシロワレモコウ

| | コメント (0)

2018.08.29

蔵の壁のヤモリ。

丹波の細見綾子の生家が改修されて公開し、5ヵ月が経った。
改修されたのは生家の母屋で、敷地内にある二つの蔵はそのまま建っている。
母屋の工事を担当した大工さんが丹波市の担当者に教え、私は担当者から又聞きしたのだが、蔵の向かって左端の壁にヤモリの造作が張り付いている。

蔵のヤモリ

拡大すると、こうなる。

蔵のヤモリ

ヤモリに見えない…。
太り過ぎている。
しかし、意味あってのヤモリなのだ。
ヤモリは害虫を捕食することから家(蔵)を守るとされ、「守宮」「家守」などと書かれ、ヤモリが家にいれば悪いことは起きないと信じられた。
蔵の壁のヤモリは守り神であった。

さて少々宣伝など。
生家では綾子関連の書籍も買える。
「風 俳句歳時記」
「細見綾子 俳句鑑賞」
「奈良百句」(細見綾子)
「脚註名句シリーズ 細見綾子集」
「俳句の基本」(沢木欣一)

| | コメント (0)

«ツルボ。