« 「食品化学」の講義開始。 > kuu | トップページ | 「ふだん着でふだんの心桃の花」。 > kuu »

2004.04.08

山梨県塩山市「慈雲寺の糸桜」。 > kuu

きのう、山梨へ行ってきました。
第1目的は、桃の花の写真を撮ること。
第2目的は、温泉へ行くこと。
3番目に、おいしいものを食べたいなあ、と。(^_^;)

桃の花の写真は撮れました!
しかし、温泉には行けなかったのです。行きたかったとこは定休日だったし…。他へ行こうとして道に迷ったり しまして…。事前準備を全然していない、という罠。。
カーナビが付いていればなあ~、とおばちゃんは思うのですが…。
地方に出かけて道に迷うのは kaze号の宿命です。。
それも思い出のうち、楽しい珍道中ドライブではあるのですけれども。

温泉に行けなかったのは、他の事情もあります。
予定にない場所に立ち寄ったからです。
今回、桃の花の写真を求め、桃の名産地である一宮から塩山まで車を流しました。
許可をいただいて、いくつかの桃畑の中に入って撮影しました。
塩山の気のいいお百姓さんが、
「桃の写真もいいけれど、桜は撮ったの?」と聞いてきました。
近くに見事な糸桜があるから、ぜひ、そこを見て行きなさい、と勧めてくださったのです。

そこが慈雲寺でした。
大量の(失礼。。)カメラおじちゃん、おばちゃん、ALL一眼レフを、kuuは初めてみました。おっちゃんが言うには、「めずらしくないよ。名所なら、よくあること」
だけど、kuuにとっては、動物園なみでした!m(__)m
みなさんが持っているのはデジカメではなく、銀塩カメラだそうですが、人によっては一眼レフ2台、肩からぶら下げてました! カメラ&レンズの展示会みたい。。

その評判の糸桜はたいそう大きな老木でした。
老木のためか花びらは可憐に小さく、色も淡く。京都の土産物なんかで、よく、舞妓さんの後ろに描かれている糸桜、そのものでした。(←無粋な表現でスイマセン。。)
ここで、かなり長居をしたんです。おっちゃん、光を待ってたみたい。
結局、ねらってたような夕焼にはならず、あきらめて引き上げたのですけれども。
【注】糸桜(イトザクラ)は枝垂桜(シダレザクラ)の別名で両者は同じものとして一般的には認知されているようですが、もし、「違うよ」ということでしたら、教えてくださいませ。> 詳しい方。

そのあともなあ~、いろいろあったんだけどな~。
全部は書きませんが、楽しいドライブだったよ、ということで。
帰宅は日付けを過ぎて深夜になりました。
もちろん、おいしいものも食べましたよ。(*^_^*)

土門拳ばりの写真は(笑)、おっちゃん撮影。

慈雲寺の糸桜

|

« 「食品化学」の講義開始。 > kuu | トップページ | 「ふだん着でふだんの心桃の花」。 > kuu »

旅行・地域」カテゴリの記事

草木花」カテゴリの記事

コメント

kazeさんkuuさん、お疲れさまでした。
良き出会いでしたね。
着物の黒髪につけたいくらい愛しい糸桜。
でも、自然のまんまがいいですね。
眼で愉しませていただきます。

投稿: | 2004.04.08 22:26

姫さん、どうも~。^^
ほんに可愛らしい花でした。
「桜」とひとくくりにしちゃえないような、ソメイヨシノとは別の風情がありましたよ。
花びらの形のわかる写真もあるのですが…。
アップするのか、どうか??

投稿: kuu | 2004.04.09 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/412538

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県塩山市「慈雲寺の糸桜」。 > kuu:

« 「食品化学」の講義開始。 > kuu | トップページ | 「ふだん着でふだんの心桃の花」。 > kuu »