« いい映画を観ました。 > kuu | トップページ | 深大寺だるま市 2005。 > kuu »

2005.03.03

『ネバーランド』で泣いてきました。 > kuu

若いときは朝から仕事して、仕事帰りに観劇してハシゴで飲みに行く、なんてことを連日してましたが、もう無理ですね。今週は週半ばでヘトヘトです。
・月曜 :学校へDVDを見に行った。
・火曜 :おっちゃんの車で秋葉原にお出かけ。3時間くらいウロウロ。
・水曜 :映画を観てから仕事へ行った。
こんな程度しか活動していないのですけどね~。
今週はあと2回仕事に行くのです。仕事のついでに寄り道して楽しんでくるのを毎回するのは無理っぽいですね。だいだい、会社の椅子が安物です。ヽ(*`Д´)ノ kuuの部署だけ安物椅子で長時間座ってるとおしりが痛いのですよ。

先に映画を観て正解!
ロードショーを安く見るにはおっちゃんと一緒に夫婦50割引ってのがいいと思うのですが、おっちゃんは火曜のアキバでヘトヘト。kuuひとりで水曜の女性割引で『ネバーランド』を観てきました。
なぜ、この映画を選んだのか。
それは無責任 Memo (MT版)のsavabigiさんのおすすめがあったからです。kuuの、

人間の心理を追求するタイプの映画が好きです。(ムツカシイ映画という意味ではなく)
主人公は誰かがはっきりしていて、相手役との深いからみがあって、相手役の配置が単純でない映画。そして物語の最初で蒔いた種は丁寧に刈り取ってなくては中途半端に感じちゃいます。
カメラは心理だと思ってますので、人間の心理を追いかけていない映画では映像美があっても物足りなさを感じます。
という曖昧な言葉のラレツに一番のおすすめとして『ネバーランド』を押してくださったのですよ。以前から、savabigiさんの映画評に共感することが多かったんです。映画の見方、好みはそれぞれですから、同じ匂い(笑)を感じる方とネットで出会えるというのは幸せですね。^^

あえて事前には映画評は読まないようにして、出かけました。
『ネバーランド』は、ピーターパンの誕生秘話を綴った作品です。
前半は空想シーンについていけず退屈に感じましたが、後半は泣きっぱなしで、トータルとしてすごくいい作品だと思いました。savabigiさんの記事とそのリンク先を読んで頷くばかりです。
「好き嫌いの気持ちを自分の言葉で書けるようにしなさい」と、あるクリエイターから教えていただいたのですが、これはムツカシイことです。

で、kuuはこの作品の一部分についてのみ書いておこうと思います。(^_^;)
(以下、超ネタバレあり)

好きな映画の条件として「物語の最初で蒔いた種は丁寧に刈り取っていること」と挙げました。これが出来てない映画は脚本が弱いんだと思います。特に邦画に、このタイプが多いと思っています。

有名なアニメで「お母さんが病気で」という設定があるにもかかわらず、その設定が活かされていないまま終わってしまった作品があります。この作品の悪口を書くのは はばかれるような大ヒット作です。
病気のお母さんが、と書いたのなら、お母さんの病状についてもケリをつけてほしいと私は思います。ケリがついてないと、病気のお母さんが出てくる必然性がないので、安易なお涙頂戴の設定をしただけと思うのです。
『ネバーランド』はスゴイです。お母さんは死んでしまうのです。死んでその意味を問うのです。
子供にも辛い現実はいっぱいあるのに、日本の映画は甘いのが多いように感じます。そこがもの足りない。

|

« いい映画を観ました。 > kuu | トップページ | 深大寺だるま市 2005。 > kuu »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
私もネバーランド観ましたよ~♪
(TBさせていただきました)

kuuさんの記事を読んでいて、最近の日本映画が妙に物足りないのはなんでか?がすっきりしました~^^
言われてみると、日本映画は「はい、めでたしめでたし」で、無理矢理つらいことはなかったことに・・・的なまとめ方が多いですものねぇ。
この作品、ごん太が大きくなったら、絶対に見せてあげたいなぁと思います♪

投稿: はま。 | 2005.03.03 15:23

◆はま。さん 、TB、コメントありがとうございました!

たくさんの映画を、観てらっしゃいますね~。私は昨年劇場で観た映画は10本くらいです。(^_^;)
ネバーランド、観てよかったです。あの宣伝の仕方だとkuuは一生観ないで終わったと思うので、観れたことにとても感謝しております。

ケチをつけながら、私は邦画に大きく期待をしていまして、何せ日本語しかわからないから…。(^_^;)
おっしゃる通り、こじんまりまとめちゃってさ!って~のは作品を小さくみせますよね。

親御さんが伝えたい何かを持ってる映画って、素晴らしいですね。ごん太くんが大きくなるまでに邦画で、そういう作品が増えていったら、本当にうれしいなあ。^^

【追記】きょう、深大寺のだるま市に行きました。鬼太郎茶屋に例のもの、ありましたよ!

投稿: kuu | 2005.03.03 21:06

kuuさん、こんばんは。
言及、並びに、トラックバックありがとうございました。
m(_ _)m

ほんと、人様に「お薦め」するのって、かなり勇気が要りますね~。
ハズレたらどうしよう?、って、身をもって実感しちゃいました。(笑)
でも、それなりに泣いて頂けた(?)ようで、少しホッとしました。

「病気」の「ケリ」の付け方、なるほどです。
私は単純に、「病気もの」を避けたい、と言うような書き方になっちゃいましたが、kuuさんが書かれている様に、ちゃんと「ケリ」が付いていれば、「お涙頂戴の設定」ではない、って事ですものね。

やっぱ、今後も、たまには、kuuさんの感想も読ませてくださいね。と、書いた上で、お互い、体力には限界がありますので、仕事も遊びも無理し過ぎない程度にボチボチ頑張りましょう。
(^-^)

投稿: savabigi | 2005.03.04 01:10

◆savabigiさん。^^

それなりどころか、後半は泣きっぱなしだったのです。前半は??だったのですが、教えていただいたリンク先を読ませていただいて、自分の見方を反省しました。
いろんな一般の方の映画評を、これからもネットで読んでみたいと思っておりますが、筆頭はsavabigiさんですので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
また、kuu好みのおすすめを教えてくださいませ。savabigiさんがお好きな映画をおすすめしてくださればイケると思います。^^

私も長男が好きです♪

映画の感想はおっちゃんと行くと書かないけど、ひとりで観ると書くみたいですね(笑)。
savabigiさんはステキな相方さんとたくさんご覧になってください。私も月に2本くらい?は劇場で観たいです。^^

投稿: kuu | 2005.03.04 02:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/3154448

この記事へのトラックバック一覧です: 『ネバーランド』で泣いてきました。 > kuu:

» 【映画】『ネバーランド』『ターミナル』観てきたよ。 [秘密の屋根裏部屋]
日曜、相方が会社の同僚にごん太をお披露目するということで、その間、久しぶりに映画を2本観てきました。 観たのは、ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』と、トム... [続きを読む]

受信: 2005.03.03 15:13

« いい映画を観ました。 > kuu | トップページ | 深大寺だるま市 2005。 > kuu »