« 濡れたつぼみ。 > kuu | トップページ | 松の花。 > kuu »

2005.05.16

朴の葉。 > kuu

朴の木シリーズ。今回は葉っぱです。
朴葉味噌に使われる朴の葉。大きな葉は40センチ程になります。
葉っぱの付き方はこんな風です。

朴の葉の付け根

一見、同じ節に輪生に付いているように見えますが、葉の茎に対する付着点が上下にずれているらせん状です。こういうのを「偽輪生状」と言うとhanaboroさんの「花図鑑のボロボロブログ!: ホオノキ」の記事で知りました。
朴の葉は、晩秋になると枯れた葉が1枚づつワサワサと落ちます。その季節の庭掃除はツライですよおー。(TーT)

朴の葉、下(裏側)から

今の季節、朴の葉は青々と育っています。この写真は下から撮っていますので、写っているのは葉の裏側です。

|

« 濡れたつぼみ。 > kuu | トップページ | 松の花。 > kuu »

ホオノキ」カテゴリの記事

コメント

kuuさん、こんにちは~!
おうおう、らせん状に葉っぱがついているとこ、
しっかり撮影できてますね~。

ホオノキの葉っぱ、
遠くからだと大きくてもまあ、大きいなぁ~って
感じですけど、落ち葉になるとさらに
その巨大さがわかりますよね。

子どものころ住んでいた家には、
タイサンボクがあったのですが、
これも葉が大きめで、硬い葉っぱなんですよね~。
落ち葉を踏んじゃうと、ツルっと滑ってしまうのです。
もう大変でした。。。

投稿: hanaboro | 2005.05.16 11:11

◆hanaboroさん、こんばんは。^^
またTB送らせていただきました。m(__)m

その植物の固有の魅力が写真でお伝えできたら、どんなに楽しいだろお~!って思います。派手さだけじゃなくて、地味さの中にも見どころはいっぱいありますものね。hanaboroさんの記事にインスパイアされることも多く、これは私だけじゃなくて、多くの方の共通の思いではないかと。
これからも今までどおりの楽しい記事をお願いします。

タイサンボク、数度見たことがありますが、あれも立派な植物でしたね。どことなく異国情緒がただよっていたような記憶が。^^
あの葉っぱは滑りやすそうですね。(^_^;)

投稿: kuu | 2005.05.16 20:34

二枚目の写真が特に好きです。すごくさわやかで、この季節らしい、季語が中に隠れているような。

3本おありになるんでしたっけ、朴の木。確かに、それだけ落ちてこられたら、掃除は大変そうだなあ(^◇^;)
三宅

投稿: 三宅信光 | 2005.05.17 00:08

kuuさん、こんにちは。
茎への付着点、リアルですね~。私も、こういうところ撮りたいのですが。まだまだ未熟です。

ところで、トップバナー変わりました?

投稿: staygold | 2005.05.17 00:11

◆三宅さん、こんばんは。^^
2枚目は自分でも好きな写真です。ありがとうございます。大きな葉っぱを支える枝が細~くて、緑の葉の色にグラデーションがあって、と、そんなところに魅力を感じてシャッターを押しました。

家前の道路に落ちた葉の掃除が・・・・観賞して楽しんだ分のノルマですね。(-_-;)

◆staygold隊長、こんばんは。^^
「偽輪生状」という言葉を知ってから撮ったので、ピント合わせに迷いがありませんでした。(^◇^)

トップバナー、気付いていただけましたか!
ありがとうございます。きのう、変えました。^^

投稿: kuu | 2005.05.17 00:45

>Kuuさん

こんばんは。お誘い頂きまして「朴の葉」も拝見させて頂きました。

らせん状に葉がついているのですね。掲載されている写真でよく分かります。

教えて頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: むろぴい | 2005.05.19 01:17

◆むろぴいさん、再びありがとうございます。
花があれば朴の木は見つけやすいですけど、認識してしまえば、葉っぱだけのときでも見つけられると思います。
ところで、ウチの朴の花はまだ咲いていますので、新宿御苑の朴の花も咲いているかもです。
ウチの朴、今年は例年以上に花つきがよかったので長く楽しめています。^^

投稿: kuu | 2005.05.19 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/4145944

この記事へのトラックバック一覧です: 朴の葉。 > kuu:

« 濡れたつぼみ。 > kuu | トップページ | 松の花。 > kuu »