« 棗(ナツメ)の実。 > kuu | トップページ | 新・秋の七草。 > kuu »

2005.10.20

珈琲豆、包装のアイデア。 > kuu

日本国際包装機械展(ジャパンパック 2005)へ行ってきました。焙煎した珈琲豆の販売用包装の勉強のためです。

通販を始めるなら、これだけはクリアしたいという項目がありまして。
1、送料をできるだけ安くすること。目標は標準量で200円の送料。1万円の商品に500円の送料は払ってもいいけど、千円以下の商品に500円の送料は払いたくないと、自分たちが思っているからです。
2、まとめ買い(=家庭での長期保存)を可能にすること。

1は、できます。
2は、未開封での保存なら、機械にお金をかければ現段階でも可能ですが、低コストでなんとかならないか、と思案中です。つまり機械を自作してしまおうという腹なのです。今回、包装機械展へ行った第一目的は、自作機械のアイデアを探るためでした。
開封してからの鮮度保持は通常では不可能な領域ですが、おっちゃんの頭の中でぼんやりと可能性は見えています。実際、できるかどうかは・・・コストもありますからねえ。

消費者の立場からしたら、この2項目は歓迎されるはず。
おっちゃん、行列のできる珈琲店をめざして一緒にがんばろう!

|

« 棗(ナツメ)の実。 > kuu | トップページ | 新・秋の七草。 > kuu »

風茶房・販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/6489873

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲豆、包装のアイデア。 > kuu:

« 棗(ナツメ)の実。 > kuu | トップページ | 新・秋の七草。 > kuu »