« ボンタンアメの食べ方。 > kuu | トップページ | 朴の実は食べられるのか。 > kuu »

2005.10.24

朴の木の思い出。 > kuu

おっちゃんちの庭に朴の木があって、kuuは4年前に初めて朴の木を見ました。
それまでは朴葉味噌の料理に使われている朴の葉しか見たことがなかったのです。10メートルを超える大きな樹木。でも、風に揺れる朴の木はしなやかでした。風が吹くと、ぎ~っとボートを漕ぎだすような静かな音を立て、そのあとにさわさわと葉っぱの触れあう音が聞こえます。春から秋まで、窓越しに見える緑の大きな葉っぱは森の中にいるような錯覚さえ与えてくれます。春には香り立つ白い美しい花が咲きます。

朴の木はそれほど長寿ではないそうです。だんだん葉っぱが小さくなって、かわりに花がたくさん咲くようになって、いずれ枯れてしまうのだそうです。
確かに今年の葉っぱは4年前より小さくなっているように思うし、花はたくさん咲くようになりました。ウチの朴の木は老齢期に入ったのかもしれません。今年は2本の朴の木に100個くらいの花が咲いて、果実に成熟したのは3つだけでした。袋果が裂けて中の赤い種が出てくるところまでは観察できましたが、その先の白い糸で赤い種を吊り下げたような状態は見ることができませんでした。3つとも落ちてしまったのです。落ちた実は捜索中です。。

朴の花の季節、今年の5月に撮影した未発表の写真をまとめました。
朴の花
アルバム「ホオノキ」 全11枚

【訂正(2006/4/14)】ホオノキのアルバムは都合により現在閲覧できません。申しわけありません。m(__)m

朴の木にかかわるエントリーが増えてきたので「ホオノキ」のカテゴリーを作りました。関連記事をまとめてご覧いただけます。
次回は、朴葉味噌を作ってみたいと思います。^^

Flower Blog Ring のTB企画「心に残る花への手紙」に参加します。
心に残る花への手紙:Flower Blog Ring

|

« ボンタンアメの食べ方。 > kuu | トップページ | 朴の実は食べられるのか。 > kuu »

ホオノキ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

今朝、訪れましたら「朴の花」の写真がアップされて
いたので、楽しく拝見させて頂きました。

花言葉、「誠実な友情」でしたね。節目節目の気づきを
ありがとうございます(^^)

投稿: むろぴい | 2005.10.25 06:49

◆むろぴいさん、朝ネットでおはようございます。
・・・もう夕方らしいですが…。(^_^;)

花言葉、教えてくださってありがとうございます。^^
近日、朴と食を記事にいたします。m(__)m
予想と違うことがあって面白くもあり、記事に書きにくいこともあり。。
なんとか仕上げたいと思います。

投稿: kuu | 2005.10.25 18:39

今年は、kuuさんのおかげで、
朴の木のいろんな面を見ることができて、
楽しませていただきました。
撮影にまつわるエピソードも面白かったです。
わたしにとっても思い出深い木になりました。
ありがとうございます!

おっ!フォト蔵だぁ。
光を感じるいいお写真だなあ。

ホオノキのカテゴリを改めて拝見すると、
季節ごとに移り変わる様子がよくわかりますね。
老齢期に入ったホオノキ。
来年もまたいろんな姿を見せてほしいな。

投稿: hanaboro | 2005.10.25 19:27

◆hanaboroさん、こんばんは。
今回はTB企画にのっからせていただきました。m(__)m 参加される皆様の記事を楽しみに読ませていただきます。^^

フォト蔵まで見てくださったんですね。ありがとうございます。リンク先までご覧いただくことはブログでは難しいと承知しておりますので見ていただけてとても嬉しいです。^^
記事の文章は軽めですが、実は泣きながら書いた部分は全部カットしてしまいました。(^_^;)
朴への熱い思いは写真で伝わるといいなあと、無謀にも思っております。

植物にも成長と寿命があるのですから、ブログでの朴の木の記録が大切な思い出になることを信じています。
hanaboroさんの書いてくださったホオノキの記事、ほとんど暗記してしまいました。hanaboroさんの強力なナビゲートによって、ポイントを外さずに観察することができたと思います。ありがとうございました。m(__)m
これからも朴の木を見続けていきますね。^^

投稿: kuu | 2005.10.25 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/6547038

この記事へのトラックバック一覧です: 朴の木の思い出。 > kuu:

« ボンタンアメの食べ方。 > kuu | トップページ | 朴の実は食べられるのか。 > kuu »