« トルコのタイル。 > kuu | トップページ | ボン・カマン。 > kuu »

2005.12.12

病気の経験。 > kuu

きょうはkuuの病院検診の日でした。手術から4年半、経ちました。
結果は大丈夫でした。(ノ∀`)
左手に軽い浮腫が出ているのは気になるけど、主治医は「誰にでもたまにあることだから、そんなに心配しなくても大丈夫」と言ってくれて、その言葉の薬はすんごくよく効きました。

4年半経って、死の恐怖は薄れました。
患部はとっくに痛くありません。
20センチの術痕さえ、消えつつあります。
治療が軽くなって副作用も出なくなったし。
病院代は、最初の2年に比べたら10分の1に減りました。

今、思うのは「いい経験をしたなあ」ということ。
今日と変わらない明日がずっと続くなんてことは、ありえないのですね。
いいことも、悪いことも、どっちにでもころっと変わっちゃいます。
運命に流されるままにっ!なんて気取ってると、流れが止まったりします。

どんなことも、日常的に受け入れていきたいなあ。

ちょっと意味不明?(^_^;)

ゆきだるま

|

« トルコのタイル。 > kuu | トップページ | ボン・カマン。 > kuu »

心と体」カテゴリの記事

コメント

調子が良いようで良かったですね。一度人生を諦めかけるような境遇から抜け出られると本当に生かされてるってことがありがたくも感じますよね。私も退院して初めて生かされたんだー。との使命感に燃えるように?なりましたw
>今日と変わらない明日がずっと続くなんてことは、ありえないのですね。
これ、すごく胸にずーんってきました。その瞬間を大切に生きていかないとなー。なんて反省しました。
うちの旦那、でぶでも大切にしよっと♪

投稿: kuppy | 2005.12.13 15:28

こんばんは。

kuuさん、病気をされていたんですね・・・。

一日一日をきちんと生き抜いていくことの大切さを
再認識致しました。 

この瞬間、生きているということはありがたいと
思います。こうやって、コメントも入れれますので。


投稿: むろぴい | 2005.12.13 23:07

◆kuppyさん、おはよ~ございます。
えと、理想を忘れないで生きるってステキなことだと思っています。日々反省です。というか、明るい気持ちで生きていきたいですねー。
隣にいるおっちゃんと、離れて暮らす老いた両親を思って、自分へのくさびのつもりで書いてみました。

お若いうちはアレですけど、年を取ったら太ってると介護もタイヘンです。おっちゃん、痩せてくれてよかったです。(^_^;)

◆むろぴいさん、おはよ~ございます。
病気ネタはときどき書いておりまして、最近、書きすぎているような気がしていました。

一記事ごと、いただいたコメントも含めて大事な思い出になります。

投稿: kuu | 2005.12.14 10:06

初めまして
姫さんちから迷い込みました。
記事とは全然関係のないお気楽コメントで失礼します。
掲載されている写真がどれもいいですね。
この写真も好きです。
デジカメをいつも携帯されているのですか?

投稿: チュー太郎 | 2005.12.17 10:08

◆チュー太郎さん、はじめまして!
実は昨夜、わたしも姫のところからチュー太郎さんのブログにお邪魔してました。
お酒って、人生のよき伴侶ですよね。
「よき」になってないのは、その人がいけないのだと思います。

写真に言及していただくの、すんごく嬉しいです。
ありがとうございます。m(_ _m)ペコリ

カメラは一眼レフを使うようになってから、普段は持ち歩かなくなりました。邪魔だし、持ってることが目立ちますもので。
写真を撮るぞと思うときには首に下げていって、まとめていっぱい撮ります。^^
この写真は知り合いのメガネ屋さんのディスプレイでした。
知り合いなので、遠慮なく撮影させてもらいました。^^

投稿: kuu | 2005.12.17 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/7589988

この記事へのトラックバック一覧です: 病気の経験。 > kuu:

« トルコのタイル。 > kuu | トップページ | ボン・カマン。 > kuu »