« 姫のばあさまの健康味噌。 > kuu | トップページ | ふたりのノート。 > kuu »

2006.01.26

ゆうべのごはん。 > kuu

最近、洋食にかたむいていた我が家の食卓。
姫のばあさまの健康味噌のおかげで、ぐ~んと和食率がアップしました。
洋食もいいけど、どうしても動物性脂肪の摂取量が多くなっちゃいます。対して和食は塩分が多くなりがち。要はバランスですね。日本の食卓がインターナショナルでよかったと思います。

kuu愛用の調理道具にビタクラフトのお鍋があります。使い始めて十数年。使い方にクセがありますけど、食材のおいしさを引き出す調理が手早くできます。最近使ってなかったのを引っ張り出して…。カボチャとサツマイモを少量のお水で蒸してみました。調理時間は5分です。

カボチャとサツマイモ&健康味噌

ビタクラフト鍋に大さじ2程度の水を入れて火にかけます。沸騰したら切った野菜を入れて蓋をして中火で1分。さらに焦げ付かないように鍋を揺すりながら2分火にかけ、火を止めて2分放置。
野菜によって火にかける時間と放置時間を調整します。
この調理方法だと素材の栄養価が逃げないそうで味もいいです。
近所の八百屋で買った野菜が、ホクホクにおいしく仕上がりました。
右に見えるは健康味噌!
お味噌を付けて食べるつもりでしたが、何の味付けもしないで、そのままおいしくいただくことができました。野菜の甘さを堪能しました。
用意したお味噌は一緒に食べた、きしめんにのっけました。^^

釜揚げきしめん

釜揚げきしめんはおっちゃん担当。
大鍋から、器にきしめんを取って、おつゆをかけて、薬味をのっけます。
薬味はダイダイ、ネギ、大根おろし、きざみ海苔を用意してくれました。
おつゆにエノキダケがた~んと入っていました。うれしいね。
この上に、ちょこんとお味噌をのっけていただきました。^^
麺類と、健康味噌の相性バツグンです!
この器で2杯たっぷり食べてしまいました…。
おっちゃんは3杯…。

|

« 姫のばあさまの健康味噌。 > kuu | トップページ | ふたりのノート。 > kuu »

グルメ・クッキング(2004~2006)」カテゴリの記事

コメント

この「きしめん」は…姫の大好きな大好きなエノキダケが…。エノキダケ、小さい頃はスキなんだけど、喉によくつめていたちび姫でした…。ギョッといいながらも、必死で食べていましたよぉ。
きしめん、きしめん。
今度は味噌きしめんにしよっと。

ブログの醍醐味、味わってしまった姫です。

投稿: | 2006.01.26 21:46

◆姫よ、こないだ温泉に行ったとき、売店で地元産のエノキダケが大袋入りで山盛り315円だったのよ。いっぱいあるから、最近どのメニューにもエノキが入っているよ。
エノキはおいしいけど歯にはさまる…。(-_-;)

きしめんもうどんも、乾麺で釜揚げを作るときには、茹でたお湯は茹で上がったら一度捨てるべし。面倒でも新しいお湯に交換すると、よりおいしいそうです。おっちゃんが言っておりました。姫は知ってるか。(^_^)v
茹でるときには、お昆布さんも一緒に入れるべし。
ウチは今度、「ほうとう」みたいなのを作ってみるつもりだす。

投稿: kuu | 2006.01.26 22:36

すみません、茹でたお湯は一度捨てるってのは、新しいお湯を上がり湯に使うってことですか? ちゃぽんとくぐらせるとか?

投稿: みょうが | 2006.01.27 09:20

◆みょうがさん、調理担当より。^6^

麺は、まず八分目茹でいったんザルにあげます。
お昆布さんをしいた鍋で新しい湯を沸かしておいて、そこに日本酒をちぼっと、麺をひと煮たちします。

食事をゆっくり楽しまれたり、お客様をおもてなしされる場合は卓上コンロを使い土鍋で沸かしながら食せばより美味しくなりまする。

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2006.01.27 12:49

なるほど! ありがとうございました。大変、勉強になりました。麺類、大好き! そのわりに雑につくっております(生活すべてが雑ですけど)。昨日も、冷蔵庫の残り野菜で煮込みうどんを作ろうと思ったら、うどん玉の買い置きがなかったんで、小麦粉こねました(あんまり、おいしくなかった)。そういえば、マスターは手打ちうどん、作られますか? あればレシピ希望いたします。

投稿: みょうが | 2006.01.28 10:18

◆みょうがさんへ、またもや調理担当より。^9^

○簡単な手打ちうどんのこさえかた。
小麦粉500g食塩20g水500cc
打ち粉はかたくり粉(でんぷん)で充分です。

こね鉢はたいていないので、洗面器がいいです。

粉だらけになりますゆえ、まず新聞紙を広げましょう。
あらかじめ水に塩を溶かしておいて、こね鉢の小麦粉へすこしずつ…だまにならないように混ぜあわせながらそそぎます。
コツがありまして、ぼそぼそがおから状になったら(もお一歩でまとまる。まとまる寸前かなあ)加水をやめます。
これを塊にまとめ、お米のビニール袋のような丈夫な袋に入れ常温で1時間~3時間放置します。
袋のまま足で踏みます。広がったら袋から取り出し三つに畳んで袋に戻し、踏みます。
何回か繰り返すと滑らかムッチムチになります。

あとは打ち粉を使って製麺してください。

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2006.01.29 03:29

まとめて、こねちゃいました。塩は粉にぶちこんじゃいました。包装紙にはさんで踏んでみたら、包装紙にくっついちゃった……おいしくないわけだ。次回はご指示にしたがって、がんばります。たびたび、ありがとうございました。

投稿: みょうが | 2006.01.29 10:26

◆みょうがさん、まるで自家製手打ちうどんをよく作っているかのようなお返事でしたが!が!

まだ一度も手打ちうどんは食べたことがないです。
食べたい食べたい、おっちゃんの手打ちうどん食べたい!

この時期に言うと、ホワイトデープランがこれになってしまうかもお~!(^_^;)

投稿: kuu | 2006.01.29 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/8342977

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうべのごはん。 > kuu:

« 姫のばあさまの健康味噌。 > kuu | トップページ | ふたりのノート。 > kuu »