« 夏の感覚。 > kuu | トップページ | 丹波布。 > kuu »

2006.08.09

雑穀米のガーリックチャーハン。 > kuu

気に入ると、同じものを作り続けるおっちゃん。
しばらくの間、ガーリックチャーハンぜめでした。
おいしいんですけどね。だけど、やっぱり続くと飽きます。
細かい試行錯誤があるようで、作ってる本人は飽きないそうです。

今までは普通の白飯で作ってたんですが、夕べは雑穀米のガーリックチャーハンでした。ウチの雑穀米は「お豆と雑穀 ごはんの素」を使っています。といだお米に混ぜて炊くだけです。

今回の材料は、ニンニク(2片)とタマネギ(1個)だけ。ごはんは 2合。
調味料は、塩 少々、しょうゆ 少々、オイスターソース 50cc、白ワイン 50cc

炊きあがった雑穀米は温かいまま調理します。保温温度が適温です。
ニンニクとタマネギはみじん切りにします。

作り方:油(ウチではオリーブオイル)を熱し始める前にニンニクを入れ、弱火でキツネ色になるまでじっくり炒めます。これが最大のコツです。
次にタマネギを加えて強火で炒めます。タマネギが透きとおってきたら、ごはんを加えてさらに強火で炒めます。
ごはんがほぐれて全体に油がなじんだら、調味料を入れます。全体がよく混ざったら出来上がり。

雑穀米のガーリックチャーハン

雑穀米を炒めるってのに不安があったんですが、ちゃんとおいしくできました。白飯ガーリックチャーハンに負けずとも劣らず、味わい深いです。豆や雑穀がたっぷり入っているので、ボリュームがあって食べがいがありました。ふたりで2合は多すぎでした。

さて、一般的なチャーハンのコツを講義で教えてもらったので書いておきます。
・ごはんは温かいまま調理する。その理由は、途中で加えるごはんの温度が低いと、調理温度が下がってしまい、再び加熱するのに余分な時間がかかるから。材料の水分を飛ばし、炒め油を材料になじませる調理目的を邪魔することになり、べたつく原因となる。
・チャーハンの具は水分の少ないものがよい。水分の多いものは水分を飛ばすのに時間がかかるため、上記と同じ理由により、おいしく作るのがむつかしくなる。冷凍食品などは特に避けたい。温度が低いうえに水分が多いから。
☆素人でも簡単においしく作りやすい具は、焼き豚、卵、ネギ、レタス、だそうです。

kuuの好きな具は、卵、ジャコ、ネギ、カツオ節でーす。
おっちゃんの好きな具は、焼き豚、カマボコ(or 竹輪)、ネギだそうです。

|

« 夏の感覚。 > kuu | トップページ | 丹波布。 > kuu »

グルメ・クッキング(2004~2006)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、yuhkiといいます。
写真と俳句のことを検索していて、
こちらの風茶房のページに辿り着きました。
昨年から写真俳句のブログを続けています。

ガーリックチャーハン、美味しそうです。
私も家でチャーハン作るときは、
温かいご飯でやります。
(冷や飯ならレンジでちょっとチンして)。


「日々雑記」は、写真も素敵ですし、
読みでがありますね。
バックナンバーも拝見します、

投稿: yuhki | 2006.08.09 21:35

◆yuhkiさん、ようこそ。
写真と俳句のブログをやっておられるそうで、
ご精進ください。

「日々雑記」をお褒めいただき感謝!。
お楽しみいただければ幸いです。

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2006.08.10 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/11349357

この記事へのトラックバック一覧です: 雑穀米のガーリックチャーハン。 > kuu:

« 夏の感覚。 > kuu | トップページ | 丹波布。 > kuu »