« 低価格液晶ディスプレイの落とし穴。 > kaze777 | トップページ | おっちゃんのすいとん。 > kuu »

2006.10.23

栗をむく。 > kuu

岸根栗岩国の名産、岸根栗(がんねぐり)をいただきました。
粒が大きいですね!
旬の特産物って、ホレボレするほどいい顔をしています。

さっそく栗料理を堪能いたしましょう。

義母は丹波の出身で、おっちゃん、栗料理はたくさん食べてきたそうです。
我が家には義母ゆずりの栗のむき方があって、おっちゃんは、これ以外のむき方をしません。検索してみたら、同じ方法でやっているサイトが見当たらなかったので(探し方が甘かったのかもしれませんが)、ここで紹介しようと思いました。

常に簡単アイデア勝負の、どこかで手抜きしている料理を信条としている風茶房ですが、これは通常のやり方より、かえって手間はかかっているような気がします。なので、皆さまの参考にはならないかもしれませんが、義母の栗料理を懐かしく思ってくださる方には、楽しく読んでいただけるかな、なんて思って記事にします。

旬の栗を、皮むきから調理するのはひさしぶりです。
今まで、栗の皮むきはおっちゃん担当だったのです。。
今回、教えてもらってkuuの初挑戦です。←ブログ的発想。

包丁とむきかけの栗まず、道具が大事。
小型の包丁を使います。
ウチでは栗むき包丁と呼んでいます。これ、サトイモの皮むきにも便利です。
義母の代から使っていますので年季は入っていますが、刃はよく研いでありますので切れ味はいいんですよ。

最初に、鬼皮の下のざらついたところを切り取ります。
ここを突破口にして、まず鬼皮を縦方向にむいていきます。
鬼皮をむいたら、次に渋皮をむきます。

☆栗の皮は硬くてむきにくいので、お湯に浸けたり、少し茹でたり、重曹を使ったりというレシピをよく見かけますが、これらは味が落ちる原因だと思うのでやりません。
特に軟らかくしなくても新鮮な栗ならば、よく切れる包丁があって、あわてないでゆっくりやれば大丈夫です。kuuは初体験で手先が不器用ですが22個むいて無傷です。
ただし、おっちゃんは心配そうに、買い物の予定を中止して、近くで見ないふりしながら見ていました。。

水に浸かっている栗むいた栗は水に浸けます。
普通の水道水です。

渋皮がちょっと残ってますね。
でも、これでいいんです。
自宅用なんですから。
見映えのために形よく削ってしまうと、外側のおいしいところが落ちてしまって、もったいないでしょ。
写真のでも、きれいにむきすぎたかも。

あぶった栗ここからがポイント。
むいた栗を水で洗って、水気を切ります。
火にかけても大丈夫な、柄付きのステンレスのザルなどに栗を入れて、コンロの強火であぶります。あぶることによって、むききれなかった渋皮が燃えます。
写真はあぶった栗です。

焦げた渋皮をこすり落としますあぶった栗は水で洗います。

栗をひとつづつ手に持って、清潔な台所用スポンジの硬い側で、こすります。
できれば新しいスポンジの方が研磨しやすいでしょう。
焦げた渋皮は簡単に落ちます。

ぴかぴかのむき栗こすって洗い上げた栗は、ぴかぴかになります。

これで「むきの作業」はおしまいです。

ここから、どう調理して食べるかは、またのお楽しみ♪


【追加関連記事】栗を使った料理の記事です。
「あぶり栗ごはん。」(2006/11/2)
「栗と林檎のロマノフ。」(2006/11/9)

|

« 低価格液晶ディスプレイの落とし穴。 > kaze777 | トップページ | おっちゃんのすいとん。 > kuu »

グルメ・クッキング(2004~2006)」カテゴリの記事

コメント

お湯につけて剥く派、です・・・。
毎年「深手」を負うので少しでもリスクを減らそうと・・・(T_T)
しかしいい栗ですね。
これから何にヘンシンするのか楽しみです♪

投稿: Bake | 2006.10.23 11:32

◆Bakeさん。(^^;)
深手を負うのがいやでおっちゃんにむかせてた私は、今年、ようやく小学校にあがりました。そんな気分デス。
大きくてむきやすかったし、すんごいゆっくりやったので、大丈夫だったのだと思います。最初10個、次の日に12個むきました。10個くらいが疲れない(=ケガをしない)限界と思いました。

投稿: kuu | 2006.10.23 11:44

こんばんは。
我が家ではそのまま剥くきます。
4年ばかり前に栗剥きバサミ(針金きりのニッパーに似た)買い、
以後それでやってます、
手も安全で綺麗に剥けるようです。

投稿: なかひさ | 2006.10.23 20:10

◆なかひささん、こんばんは。
検索しました。これでしょうか。
http://www.suwada.co.jp/kurikuribouzu.html

栗くり坊主、っていうんですね。便利なものがありますね~。
「かぼちゃや里芋の皮むきにも」と、書いてありました。
皆さん、苦労なさるところは同じですね。(^^;

ついでに、この包丁のことも検索してみました。
http://arinco11.exblog.jp/3643291/

鶴来名産 かわとり包丁、って言うんですね。
石川県の刀鍛治で有名な町のものでした。
おっちゃんが言うには、金沢の近江町市場で買えるそうです。
義母は金沢に住んでいたときに、これを知ったのでしょうね。

楽しい検索ができました。ありがとうございます。^^

投稿: kuu | 2006.10.23 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/12388540

この記事へのトラックバック一覧です: 栗をむく。 > kuu:

« 低価格液晶ディスプレイの落とし穴。 > kaze777 | トップページ | おっちゃんのすいとん。 > kuu »