« だるま市の屋台フーズ。 > kuu | トップページ | 東京都薬用植物園。 > kuu »

2007.03.08

辛夷のつぼみは北を指す。 > kuu

2月の終わりに咲き始めた庭の辛夷(こぶし)は三分咲きくらいになりました。

辛夷

背景の白いような青っぽいような色は、周りの辛夷の花と、きょうの曇り空が、いい具合にミックスされたようです。毎年この花を撮影していますが、写真というのは一期一会のシャッターチャンスだなあと改めて思います。青空でも満開でも、この感じにはなりませんものね。

辛夷のつぼみは日の当たる南側から膨らむので、つぼみの先端は北を向くことが多いそうです。庭のつぼみも確かにそうなっています。樹木の北側に立つと、つぼみがこっちを指しているようです。

蕾の先から方向が分かるので、このような植物を「方向指標植物(コンパスプランツ)」と呼んでいます。実際に、山で北の方角を確かめる時に役立っているといいます。

房総の山野草 《別窓表示》「コブシ」 《別窓表示》のページより引用

他には、ネコヤナギ、タムシバ、モクレンなどもコンパスプランツなんだそうです。山歩きする人や植物好きには有名な話らしいですが、kuuは(おっちゃんも)今まで知りませんでした。

|

« だるま市の屋台フーズ。 > kuu | トップページ | 東京都薬用植物園。 > kuu »

庭の植物たち(2004~2007)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/14195540

この記事へのトラックバック一覧です: 辛夷のつぼみは北を指す。 > kuu:

« だるま市の屋台フーズ。 > kuu | トップページ | 東京都薬用植物園。 > kuu »