« 夏の日のチャボ。 > kuu | トップページ | 珈琲ブログ、再開。 > kuu »

2007.08.29

辛夷の実。 > kuu

辛夷(こぶし)の実の袋がだんだん赤くなって膨らんできました。

辛夷の実

いずれ袋の中から朱色の実が出てきます。その実はひとつひとつが白い糸でぶら下がっています。我が家のは樹上でそういう状態になる前に、たいてい落ちてしまいますけれども。
辛夷の実今頃だと、1個だけ実が付いたものがよく地面に転がっています。
ひとつの実のものでも白い糸は付いています。この糸、実を引っ張ると2センチくらい、ぐい~んと伸びます。

1枚目の写真の右上に細い茎が見えます。オニドコロです。
オニドコロはなるべく引き抜くようにしてたんですけど、おっちゃんの車をどかさないと抜けない場所ってのがありまして…。車を動かすってことは一緒にお出かけするときなので…。。。庭仕事は後回し、のツケはこちら。

オニドコロ オニドコロ。

オニドコロの雄花 大きくなったね。
いっぱい咲いたね。(^^;

雄花だったのが幸いです。

|

« 夏の日のチャボ。 > kuu | トップページ | 珈琲ブログ、再開。 > kuu »

庭の植物たち(2004~2007)」カテゴリの記事

コメント

kuuさん、
オニドコロの花、綺麗ですね。
それと、やはりヤマノイモもあったのですね。
うちのはナガイモで、葉は対生だけど、葉の形はオニドコロの方が似ているかもしれません。伸び放題ですが、食べられるので許しています。

辛夷の実、すごく綺麗なんですが、白い糸って何の機能を持つものなのですか?
以前書かれていたらすみません。

投稿: ミントのみん | 2007.08.29 22:09

◆ミントのみんさん、こんばんは。
庭のヤマノイモ、その後、3箇所で発見しまして、まずは零余子の採取を楽しみにしています。芋堀りしたら、マルイモという種類のヤマノイモがあるはず!と、おっちゃんは言います。^^

辛夷の実の白い糸は『導管(水を通す管)』だそうです。
私も詳しいことは知らなくて、これから調べてみようと思っています。
同じモクレン科のホオノキの実も、同じように白い糸で垂れます。とは言っても、写真でしか見たことないんですけれども。(^^;
導管が引っ張ったら伸びるということは、今年になって知ったんです。で、きょう、引っ張ってみたら思った以上に伸びたんで面白かったです。機会があったら、みんさんもぜひ!引っ張ってみてください。^^
導管だと知る前は、真下に種を落とさないための糸かな?と思っていました。鳥さんに遠くに運んでもらいたいから?と想像していました(笑)。

ところで、さっき、みんさんちの『手作り紅生姜』のエントリーを見て、真似っこして和風サラダを急遽作っておかずにしました。
ウチには紅生姜はないので、新しょうがの甘酢漬けでテキトーに作ったんですけど、紅生姜のあのピンク色がないのでジミ~な料理になってしまいました。。でも、おいしかった♪
記事にしたらTBいたします。m(__)m

投稿: kuu | 2007.08.29 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/16275974

この記事へのトラックバック一覧です: 辛夷の実。 > kuu:

» 辛夷の実、その後。  [風茶房 日々雑記]
今朝、辛夷(こぶし)の大きな実が落ちていました。 近所の子供たちに拾われる前にゲットできたのは運がいい(笑)。 猫はコレには興味がありません。 8月29日に掲載 [続きを読む]

受信: 2007.09.13 15:09

« 夏の日のチャボ。 > kuu | トップページ | 珈琲ブログ、再開。 > kuu »