« 日本国際包装機械展。 > kuu | トップページ | 日本国際包装機械展。 > kaze777 »

2007.10.20

鳳凰木(ホウオウボク)の豆。 > kuu

今、社会人大学で聴講しているのは、考古学者にまつわるエピソードです。
以前、「新・秋の七草。」 《別窓表示》を教えてくださった先生は植物にも興味をお持ちで、イスラム圏の写真を見せてくださったりします。
鳳凰木(ホウオウボク)の豆は東京に住む私たちにとって、大変めずらしいものですから、実物を持ってきてくださいました。

鳳凰木と合歓の豆大きいのが鳳凰木の乾燥した豆のさやです。イスラエルで自然に生っているところを、風が吹いて落ちるまで待ったそうです。現地では植物に対する思いが強く、人間の手で植物を手折るなんてことは常識としてできないようです。
大きさの比較で手前にあるのが、同じマメ科の合歓の木の豆です。
鳳凰木は日本だと沖縄に自生しています。葉は合歓の木とよく似ています。
風茶房のコンテンツの中には山本哲也さんの鳳凰木の写真があります。「ホウオウボク」 《別窓表示》
花の写真と思いきや、ちゃんと豆も一緒に写っていました。左側に。写真を見るのも知識というか、その植物を知っていないと大切な情報があっても気付くことができません。(´・ω・`)

オリーブの果実イスラエルの七草で季節の最後に実るオリーブの果実も持ってきてくださいました。
しかし、これは山梨で採れたものだそうです。
今年の気候がおかしかったせいか、1本の木から3色の実が同時に採れたそうです。
2個、いただいてきました。
はて、生食はできないし、2個漬けてもねー。
庭に埋めてみましょうか。^^

|

« 日本国際包装機械展。 > kuu | トップページ | 日本国際包装機械展。 > kaze777 »

草木花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/16822918

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰木(ホウオウボク)の豆。 > kuu:

« 日本国際包装機械展。 > kuu | トップページ | 日本国際包装機械展。 > kaze777 »