« 『癌病棟』を読んで。 > kuu | トップページ | 喜びを持っている。 > kuu »

2008.02.24

デジカメ新時代到来。 > kaze777

メカは大好きで、毎日デジカメ関連のサイトを彷徨うのが日課になってしまっている。
今後デジカメに入門されたりデジイチを買い換えたりの物欲盛んな方々への指針になれば、それでいいのです。
デジカメは20世紀の終末に発売され、しばらくは好事家の高級玩具。
それがまたたくまに低迷の写真業界の救世主になりあがり、一般の家電売り場にも携帯電話と並んで専門の売り場ができた。
いまや、一家に一台、ひとりに一台になってしまった。「ちょっと古いけど使えるから、よかったらあげるよ。」なんて話も聞く。どれにしよ~~か、なんて選んでるうちに新機種がバンバン出る。どれもこれも画期的、新時代のじゃあ・・・なにがなんだかワカランチン。

ず~~~っと機能重視、”画素数が増えました。見やすくなりました。速くなりました。軽く小さくなりました。あんなこともこんなこともできるようになりました。”の新機種ばっかりでした。
ネット情報によれば40Dがどうたら、キスデジX2がどうたらこうたらと賑わっておりまするが。買う気などサラサラない。同感の諸氏も少なくないと思います。

写真機は音楽家の楽器、絵描きの絵筆と同じで表現の道具です。
一家に一台、チヤノンやノコンがあれば、いいのです。
娘さんがいれば、ローンでヤマヘのピアノという時代もありました。ブームてのは似たようなものです。「イベントやるのにピアノあるといいな」てな時は娘さん3人いたとこをあたれば、たいがい借りられます。調弦してピカピカになって帰ってくるし、壊されればお金になるし、イイコトずくめです。グランドはめったにないけど、小型の縦型はアチコチにあります。

横丁にトコトコは仕様です。大通りに戻ります。
フィルム時代の末期にはEOSなんぞがデザインに芽生え、ちいとはマシになった一眼レフ。
デジイチ時代に突入と同時に、どこもかしこも真っ黒け。表現の道具なんだぞお。石炭細工はやめちくれ。ちゃちな機能重視は文化ではない。「ダイヤルやシャッターボタンも使いやすさを考えて大きくしました。」程度ではバウハウスには遠く及ばない。
この調子では、愛車と同色のカメラが選べる時代は来ないだろう。

「まくら」はさておき。最近ながれが。。。変わってきたようです。
ようやく表現の道具だということに気がついた製品が出てきましたので、ご紹介します。
シグマのDP1 《別窓表示》、デジイチ並みのコンパクト機。文中にあるように2006年に発表された。すぐ販売されていれば、飛びついて買って愛機になってたはずでした。
そのくらい画期的、いや革命だった。
ところが開発に手間がかかったとあるが、折りしも空前のデジイチブーム、本業の交換レンズの製造に追われてたのでしょう。2年間も待たされた。「まだ、でない」「もう、でないのでは」の文字がネットのあちこちに見られました。専門サイトの掲示板には社長も出てきてコメントも。
ムツカシイ写真機です。向こう5年は、もっとかな。いじくりまわして楽しめます。買ってたらライカの名機のごとくマッキイロに塗装しようと思ってました。
改造したら、下取りも保証が無くなるからしない、なんて寂しいやないかい。眼鏡や義足とおんなじで体の一部みたいなもんです。使いやすいように使えばいいじゃないですか。
2年間の時間の経過の中でいろんなことがありました。
かわいそうなほど商売の下手な「PENTAX」が倒産しました。「坊や」^6^になるそうです。
最後の最後の悪アガキなのか技術屋の意地なのか・・・素晴らしいデジイチをこさえてくれました。K20D 《別窓表示》
「世界をありのままに写し取る。私は、このリアリティが欲しかった。」
これまでのデジカメは、あるがままが撮れなかった。コントラストが強くて荒っぽい。
学術標本や図面複写には良いのだが、表現となると難しい面がある。情緒的なものは避けざるを得なかった。爺様は撮れるが、婆様は辛い。・ム・
メーカーのサンプル写真は悪く、なんの参考にもならない。参考になるのはこちら 《別窓表示》のブログ。K20D撮りおろしの人物写真、ポッポ屋のおじさん 《別窓表示》がよろしい。(ただし、食べ物の写真はレッドカード。まねをしてはなりません…)
3月7日発売 《別窓表示》だそうですが、半年くらいして値がこなれてきたら買います。FA50mmF1.4(オススメ)が付けっ放しになるはずです。

お茶、kuu撮影

|

« 『癌病棟』を読んで。 > kuu | トップページ | 喜びを持っている。 > kuu »

写真術」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

大昔、修学旅行で父のカメラ借りて、手ぶれで一枚も満足な写真が撮れなかった。以来、カメラは写すのも写されるのも嫌いなみょうがです。

>爺様は撮れるが、婆様は辛い。
 笑いました。

 メカ音痴婆様向けのデジカメ、教えていただけませんか。ついでに、ごく初心者向けのこつも。(へへ、厚かましい)。

投稿: みょうが | 2008.02.25 08:39

本文中 DP1の説明に、「デジイチ並みのコンパクト機」の一文を追記しました。

投稿: 管理人 | 2008.02.25 16:45

◆みょうがさんの大昔の就学旅行かあ。
横浜港から汽船に乗り。。。そんなには古くはないな。
羽織袴にゴム草履。手に手に風呂敷包みをさげ、腰には手ぬぐい、アルマイトの水筒。。。あたりかな。
ボクらの小学校の修学旅行は日光でした。残念ながら前日に喘息の発作を起こして行ってない。
中学のは「お前は行かんでいい!」と担任と教頭に言われ。
うちでブータレていたら、親父が激怒して学校に怒鳴り込み。行けました。
荒れはてた法隆寺を散策した記憶があります。

「写るんです」コマーシャルがありました。ちょいと以前に。
こういう押せば写るデジカメがないんです。
アレモコレモデキルばっかし。不便このうえないのですよ。
ひょっとしたら本文で紹介したDP1が押せば写るタイプかもしれません。
シグマは今春発売というてますが。シグマの春はいつなのかあ!4月なのか5月なのか。店頭に並びましたら、いじくりまわしてきて報告します。

撮りかたについては、記事のほうに書きます。

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2008.02.25 19:28

↑のかきこみで「シグマの春はいつなのかあ!」と叫んだら。
全知全能の神々に祈りが通じたか、はたまた単なる偶然か。

DP1の発売日が発表になりました。3月3日発売。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2008/02/26/8022.html
公式サンプル
http://www.sigma-dp1.com/jp/sample-photo/index.html

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2008.02.26 15:34

公式サンプル見ました。
似たような色の景色ばっかし…。
こういうのを撮りたい人は、もうデジイチ持ってるか、銀塩派じゃないのかな。
というのが正直な感想。
昔の絵葉書っぽい印象の写真を面白いと思ったけど、もっと、いろんな被写体をみたかったよね~。

投稿: kuu | 2008.02.26 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/40241092

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ新時代到来。 > kaze777:

» DP1で街撮り。  [風茶房 日々雑記]
SIGMA DP1を買って10日経ちました。 発表された2年前から「これだ!」と思ってました。 でも、なかな~~~か製品化されなかったのです。 ネットのあちこち [続きを読む]

受信: 2008.04.08 23:25

« 『癌病棟』を読んで。 > kuu | トップページ | 喜びを持っている。 > kuu »