« 食生活を見直したい。 > kuu | トップページ | 猫の爪とぎ。 > kuu »

2008.03.01

椿の香り。 > kuu

その後、庭の椿はようやく咲きました。光源氏という品種で、20個くらい付いたつぼみのうち、最初に咲いた花はこれです。

椿、光源氏

寒さにやられると、椿の花びらは茶色くなってしまうようです。
今年は寒い日が多かったからでしょうか。我が家だけでなく、ご近所の椿も茶色くなっている花が多いように思いました。

こちらは太郎冠者のつぼみ。椿の中で侘助(ワビスケ)と呼ばれる種類です。

椿、太郎冠者

一重の小さめな花を咲かせます。
侘助は、雄しべの先端(=葯)が退化しているため花粉を作りません。それに花の香りがあります。

椿と山茶花の見分け項目のひとつに、「椿は香りがないが、山茶花は香りがある」というのがありますので、これは例外になります。

ついでなので、他の見分け項目も書いておきます。
葉の大きいのが椿、小さいのが山茶花。
花首ごと落花する椿、花弁がばらばらに落ちるのが山茶花。
椿は無毛だが、山茶花の子房、若枝、葉の主脈と葉柄は有毛。

だけども、寒椿や春山茶花などもあり、園芸品種が多いので、一筋縄では見分けは付きません。。

さてさて、我が家の太郎冠者の香りをかいでみました。
弱いですが薔薇と同じ香りがしました。

しか~し、光源氏だって、薔薇の香りはしませんけど無臭というわけではなく、かすかな香りはあるんですよ!とkuuは感じました。
○○のような、というように周知の香りに置き換えられないと香りって表現できないんですよね。無理に表現すると「フルーティーな珈琲」というようなワケのわからんものになるから、「わからんままでよろし」とおっちゃんに言われました。。

|

« 食生活を見直したい。 > kuu | トップページ | 猫の爪とぎ。 > kuu »

庭の植物たち(2008~2009)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/40327846

この記事へのトラックバック一覧です: 椿の香り。 > kuu:

« 食生活を見直したい。 > kuu | トップページ | 猫の爪とぎ。 > kuu »