« 落花。 > kuu | トップページ | 猫が空を見あげるとき。 > kuu »

2008.03.28

たったひとつの花。 > kuu

枝を落とした辛夷昨年、ケーブル線に引っかかっていたので枝を落とした庭の辛夷(こぶし)。
冬に右のような姿になりました。
花芽の確認ができなかったので、今年は咲かぬと思っていたのです。

ところが、

辛夷

たったひとつですけれど、花が咲きました。
この辺りは辛夷の木を植えているお宅が多いので、ご近所の満開の辛夷の大木に見惚れていたんですが、やっぱりウチの木に愛着があって、このひとつを美しいと思うのでした。
今年は辛夷の花の撮影はこれだけにしよう、と思いました。

こういう一期一会に恵まれるのはとても嬉しいものです。
桜が満開になりましたが、どこにでもある桜、誰でも撮りたい桜、ではない撮影をしたいと思います。毎年そうは思ってますけど、なかなか難しいです。

小学館ウイークリーブック 週刊『日本の歳時記』 《別窓表示》の第1号の特集は「桜咲く」。掲載されている写真は当然ですが素晴らしいです。誰でも撮りたい写真です。(^^;
創刊号は190円とお買い得。俳句や日本の季節に興味をお持ちなら、ずっと(全50巻)買ってもいいんじゃないかと思います。

ついでに。
前記事のタイトルは「落花。」として、杏と椿の写真を載せましたが、季語で言うところの「落花」は散る桜のことになります。他の花の落花を表現するときには、その花の名前も一緒に詠むようです。おっちゃんと知り合う前は、こんなことも知らなかったのですけれども。(^^ゞ
上記の本を読むと、そういうことにも詳しくなれます。こういうものは全巻定期購読すれば、そうとう博識になれるはずなのですが、なかなかそれができません。たいてい途中で止めちゃうでしょ。全部読んで一通りおぼえたら、おりこうさんになれるはずなんです。
がんばれ!じぶん。。。

|

« 落花。 > kuu | トップページ | 猫が空を見あげるとき。 > kuu »

庭の植物たち(2008~2009)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

千利休の故事にありませんでしたっけ、一輪の花。あれは朝顔だったかな(無知なもんで)。
先日はすてきなサイトを教えていただいてありがとうございました。娘にも教えました。なんとか回復しました。

投稿: みょうが | 2008.03.29 08:52

◆みょうがさん、千利休の一輪の花、もちろん知らなくて検索しました。
おっしゃる通り、朝顔でした。

虹の橋は古いインディアンの伝承にもとづいているものらしいです。わたしは日本語で猫バージョンに訳したサイトを最初に読んだんです。泣きました。
だんだんお元気になられたようでよかったです。ブログのお休みがさみしかったです。

投稿: kuu | 2008.03.29 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/40667175

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの花。 > kuu:

« 落花。 > kuu | トップページ | 猫が空を見あげるとき。 > kuu »