« ペンタックス K200Dを買いました。(その1) > kaze777 | トップページ | ペンタックス K200Dを買いました。(その3) > kaze777 »

2008.12.13

ペンタックス K200Dを買いました。(その2) > kaze777

ペンタックス K200Dって価格はチープだけど内容はディープ! なんとも多機能。
分厚い使用説明書が2冊。(約15mm+6mm) ペンタックス語で書かれていて、読みにくい。さまようこと3日。わからんとこは声に出してブツブツ。。どうもなあ。機械モノに精通しとる者にわからんのだから、初心者にはきびしい。

かくなるときは、古来の学習法が最も良い。皆目わからんでも、大きな声を出して10回読む。これが効果的なのです。あたしゃこれで文学部卒でありながら自動制御機器の仕事をしていた。

わかったことは項目別に盛りだくさんに記述してあるつうこと。初級、中級、上級と分けて書けばいいものを、ひっくるめて書くなよお。一般消費者のことが全然わかってない技術畑のアホ共めがよくやる失敗の例。

それでも初期設定できました。やっとかっと。。。

AFモード : AF.C
測光方式 : 中央重点測光
測距点切替 : 中央
記録形式 : JPEG
JPEG記録サイズ : 6M
JPEG : ★★
RAWファイル形式 : PEF
色空間 : sRGB
RAWボタン : 撮影毎に解除オンJPEG→RAW+
モードメモリ : 全項目オン 
焦点距離入力 : 無設定

ISO感度設定は200-800ダイナミックレンジ適用。
カスタムイメージは雅・MIYABIモード。
キャッチインフォーカスはオン。
露出設定ステップは1/2EVから1/3EVに切り替える。
高感度ノイズリダクションは微弱。
手ブレ補正は常にオン。

老爺心ですが、写真をうまくなりたいかたはピクチャーモードを使わないこと。これはK200Dに限らず、どの一眼レフカメラでも言えます。ちなみに私はAvを多用します。

写真上でクリックすると少し大きくなります。(再クリックで閉)

|

« ペンタックス K200Dを買いました。(その1) > kaze777 | トップページ | ペンタックス K200Dを買いました。(その3) > kaze777 »

動物の写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

 馬鹿○カメラでもうまく撮れない身で、お尋ねする意味はあんまりないのですが……ピクチャーモードを使わないほうがいい、というのはなぜなんでしょうか?

投稿: みょうが | 2008.12.14 09:33

◆みようがさん、こんばんわ。
その○、言葉をよ~く知らないと思いつかないかも。

カメラのピクチャーモードは写真を知らない人でも撮れる安易な方法です。
マァマァのものが撮れてしまえば、「そんでいいやあ」になっちまって意思を伝える媒体の意義が薄れてしまうのです。

いらないものは省略し、必要なものは大胆に表現する。
向上心を豊かに持って写真の基礎を学ばれたほうが良いと思います。

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2008.12.14 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/43411838

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス K200Dを買いました。(その2) > kaze777:

« ペンタックス K200Dを買いました。(その1) > kaze777 | トップページ | ペンタックス K200Dを買いました。(その3) > kaze777 »