« ペンタックス K200Dを買いました。(その8) > kaze777 | トップページ | 木登り猫さん。 > kuu »

2008.12.28

ペンタックス K200Dを買いました。(その9) > kaze777

DP1の使い方もわからないことが多くて困ったけど、しばらくかかって使いこなせた。いずれにせよ新しい考え方を導入したカメラは慣れるまであれこれやってみないと真価がわからない。

設定が面倒くさいというか、どういうふうにしたらいいのかが説明書にハッキリ書かれてない。後継機種のK-mにしても、「設定を楽にできるようになりました」と書かれてはいるが、じゃあいったいどうしたらいいのかはない。上位機種K20Dも似たようなもんだ。ペンタックス社のカラー或いは伝統なのかもしれない。
3章の『使ってみよう』までは使い方の説明なんだけど、4章の『いろいろな撮影』(分厚い仕様説明書P.73参照)からは機能の説明。こういうことやああいうこともこんなこともできますと延々で、こういう場合はこうせいとか、ああせいはない

量販店ではボデイ価格が39,800円ポイント15%なんて情報もある。安くなったもんだ。この12月に生産終了になってしもうて、もはや市場には流通在庫のみ。今年の3月発売の機種なのに…。写らないから暴落したわけじゃない。設定がよくわからん。それだけだ。メンドクセーは嫌われる。
じゃあ他社の売れてるカメラは簡単なのか? そんなこたあない。ネットの情報板では連日「教えてください」がいっぱいある。

K200Dだって、デフォルトの設定のまんまでもシャッター押すだけで撮れるんです。だけどカタログに新機能とか書いてあるから、誰だって使いたくなる。それを使いこなしたくて・・・いろいろやってみたけど、わかんなくて結果デフォルトなんて人が少なくないんじゃないかな。「ISO800や1,600の高感度撮影やってはみたけど、画面が荒れて使い物にならなかった」「カタログでダイナミックレンジが素晴らしいと読み設定してみたけど、どうもなあ」なんてね。
盛りだくさんの機能が使いこなせなくて手放しちゃうんじゃつまらない。使ってる人が少ないから教えてもらうことも少ない。私自身、使いこなした結果を書いているわけではない。まだ研究段階。これからひとつひとつやってみて気付いたことや感想を述べていきたい。

表参道ヒルズや教会で撮った分の設定は、JPEG記録サイズ10M。ISO感度AUTO 200-800。DL(ダイナミックレンジ)200%。CUSTOM IMAGE雅(MIYABI)彩度-1。色相0。コントラスト+1。ファインシャープネス+1。長時間NR オン。高感度NR 微弱。
高感度設定ではDLはノイズがかぶるので、使っちゃダメと言っているサイトもあるけれど、これなら合格じゃないかな。白飛びも黒潰れも回避してると思う。前記事ラストの闇夜の教会の写真、十字架の両側の森と奥に広がる空のグラデーションはグ~~。
写真はブログ用にサイズ変更はしておりますがフォトショップ等の現像ソフトで弄っておりません。

「天然の風 : 静物カテゴリ」 《別窓表示》
「天然の風 : マネキンカテゴリ」 《別窓表示》に5枚ずつアップしました。

|

« ペンタックス K200Dを買いました。(その8) > kaze777 | トップページ | 木登り猫さん。 > kuu »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/43560360

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス K200Dを買いました。(その9) > kaze777:

« ペンタックス K200Dを買いました。(その8) > kaze777 | トップページ | 木登り猫さん。 > kuu »