« 合成写真。 > kuu | トップページ | 「鳥の写真」カテゴリー作成。 > kuu »

2009.02.07

ペンタックス K200Dを買いました。(その12) > kaze777

レンズキットの DA 18-55mm F3.5-5.6 ALIIじゃ物足りなくなって、超望遠ズーム smc PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8EDをポチってしもうた。わはは!

これはPENTAX K-m 300Wズームキットのレンズで、ダブルズームキットの DA 50-200mm F4-5.6EDより新しい設計です。望遠側200mmではいずれ物足りなくなるでしょうし、どうせ揃えるなら手持ち撮影の限界とされる300mmを選んでおくべきではないでしょうか。
デジカメブームでいい状況になりました。3万ちょいで素晴らしいレンズのオーナーになれます。 F値が4-5.8といささか暗めですが、K200DはISOを高く設定できるからシャッター速度も稼げますし、ファインダーも明るいのでピント合わせも気にならないんです。

主な特徴は
◎レンズ前面に汚れが付着しにくいSP(Super Protect)コーティングを採用。
◎AFでのピント合焦後、マニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしでできる「Quick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)」を採用。
画角[度]:29-5.4
構成枚数[群*枚]:8・12
最小絞り[F]:F22-32
最短撮影距離[m]:1.4
フィルター径[mm]58
最大径×長さ[mm]:71×111.5
質量 (重さ)[g]:440

手ぶれ防止装置の無い時代は手持ち撮影はビギナーさんだと135mm、ベテランでも200mmが限界と言われてました。ペンタックスのボデイ内手ぶれ防止装置は優秀で、300mmあっても、ちいと練習すれば三脚なしで充分撮れます。APS-Cは小型カメラです。軽快にチャッチャと撮るスナップ性を生かさねば。

谷保天満宮の梅と野鳥、手持ちで55-300mmを試すのに絶好の機会となりました。

白梅白梅

(クリックで拡大、再クリックで閉)

紅梅 紅梅紅梅

手水舎手水舎

白梅白梅

ヒヨドリ ヒヨドリヒヨドリ

シメシメ

メジロ メジロメジロ


  

|

« 合成写真。 > kuu | トップページ | 「鳥の写真」カテゴリー作成。 > kuu »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

鳥の写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/43984747

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス K200Dを買いました。(その12) > kaze777:

« 合成写真。 > kuu | トップページ | 「鳥の写真」カテゴリー作成。 > kuu »