« かたくりの開花。 > kuu | トップページ | 杏と柚子と。 > kuu »

2009.03.11

おっちゃんが極めた牛肉のたたき。 > kuu

この頃のおっちゃんのおかず作りの命題は、「いかにしてkuuに血肉を食べさせるか」のようです。貧血でヘム鉄サプリなんぞを飲んでおりますが、食事から摂取する鉄分が足りなかったと思う日だけなのです。おっちゃんは、「きょうはお肉(お魚という日もあり)いっぱい食べたからサプリはいらないねー」と言うとき、すごく嬉しそうな顔をします。

kuuが嫌っているのは肉の脂肪なので、赤身の多い牛もも肉ならば脂肪分は少なく、鉄分は多いので二重丸です。しかし、肉のうま味というのは脂肪にあるんですよね。牛赤身肉をおいしく食べると言ったら、ローストビーフか、たたきくらいなわけで。
kuuは両者の区別もつきませんが、おっちゃんが言うには「ローストビーフはじっくり焼く、たたきはさっと焼く」ものだそうで、ネットでたくさんのサイトを見て、いいところだけを参考にして極めた牛肉のたたきを本日、いただきました。

牛肉のたたき

食べ始めて、今まで食べたものとあきらかに違うおいしさ、やわらかさに、あわててカメラを出しました。汚く見えないように撮りましたが食べかけです。(^^ゞ 薬味は醤油にワサビとショウガの両方。肉と一緒に口に入れる野菜は大根になってしまいましたが、理想はカイワレ菜です。

参考になったサイトの筆頭はこちら。
フライパンでできる、牛肉のたたき - [和食づくりのコツ・レシピ]All About 《別窓表示》
焼き時間はたったの15分。
上のレシピではオリーブオイルで焼いていますが、おっちゃんは牛脂を使ったそうです。そのほうが旨いと。・・・だからそれが怖いんだってば!
おいしかったので文句言いませんでしたが、ここに書いた。(^^;;
調理のとき、油がたくさんはねるのでご注意を。

おっちゃんは業務用の塊肉を買ってきて、自分でスジ取りして調理しますので、材料代は非常に安く、100g100円程度です。それでも国産牛のA3です。牛肉の等級はサシの具合に左右されるので、赤身のもも肉ならば、これくらいの等級で十分おいしいんですって。ふたりで500gも食べちゃったのは罪なことでした。orz

以前、庭の薪ストーブで牛肉を焼く話なんぞを書きましたが、今冬は薪ストーブはとんと使いませんでした。おっちゃんの中でブームが去ったんでしょう。

|

« かたくりの開花。 > kuu | トップページ | 杏と柚子と。 > kuu »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなたたきですね〜!

>自分でスジ取りして調理
kazeのおっちゃんさん、多才だな〜
健康管理までしてくれるなんてスゴイ!
羨ましいです。
この境地には至りませんが、あんまり美味しそうなので、まねごとでタタキを作ってみようと思います。 
100g100円程度のお肉でも良いとは、良いことをうかがいました!
貝割れも買ってこよう♪

ところで、食品の成分表によると牛赤身の鉄分はそんなに多くないみたい・・・
でも500gも食べれば、そんな心配は必要ありませんね〜(笑)

投稿: 彩季堂 | 2009.03.12 14:46

◆彩季堂さん、美味しそうに見えましたか。それは良かったです。^^
蛍光灯の下での撮影だったので、おいしさが伝わるかどうか、不安でした。

100g100円の件は、大量買いで下処理なしゆえの安さなので、国産牛でA3というところも頭に入れてお買いものください。m(__)m

牛肉の鉄分の件ですが、レバーが苦手なものでどうしても赤身肉となります。鉄分にはヘム鉄と植物系食品に含まれる遊離鉄(非ヘム鉄)がありまして、同じ量でもヘム鉄の方が5倍(数え方の違いで10倍と表現するかたもいます)吸収されやすいのです。肉の場合、動物性たんぱく質が鉄分吸収を促進するなど他の理由もあって、牛肉の赤身はレバーには敵いませんが鉄分補給には優秀なんですよ。

ヘム鉄の件は過去記事で一度書いたもので、この記事ではすっ飛ばしてしまいました。m(__)m こちらです。

http://kaze.tea-nifty.com/note/2009/02/kuu-dd52.html

ブログの記事は単独で読まれることを考えると、不適切な書き方だったと反省します。ご指摘ありがとうございました。(^^ゞ

投稿: kuu | 2009.03.12 17:38

佐藤と申します。
あるメディアの方で烏骨鶏の写真が必要でして、
2007年7月10日の烏骨鶏の写真を転用したいのですが、ご連絡いただけますか?
satoh6219@gmail.comへメールの方、宜しくお願いいたします。
突然のコメント、失礼いたしました。

投稿: 佐藤 | 2009.03.13 11:53

◆佐藤様
2007年8月10日の写真でしょうか。
今からそちらにメールいたします。

投稿: 管理人 | 2009.03.13 12:15

前の記事、読みました♪
同じ鉄でも吸収量が随分違うんですね。
学生時代に化学を勉強していたのでヘム鉄と非ヘム鉄の違いは見当がつきました。ヘム鉄=赤味の肉ですね。赤身肉の代表、クジラが自由に食べられれば良いんですけどね〜

投稿: 彩季堂 | 2009.03.13 12:58

◆彩季堂さん、前記事、読んでくださってありがとうございました。
30年くらい前だと、ヘム、非ヘムの区別はなかったように思います。

馬肉もいいんだそうですよ。

投稿: kuu | 2009.03.13 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/44317240

この記事へのトラックバック一覧です: おっちゃんが極めた牛肉のたたき。 > kuu:

» 『ローストビーフ』と『牛のタタキ』は何が違う? [Owls House Blog]
以前から、ウチでローストビーフを作ってみたいと思っていた。 で、『クックパッド』でいろいろレシピを盗み見させてもらってるんだけど、これ、いろいろあるんだよね、ソースもいろいろあるみたいだし・・・。 でも、ふと思った。 「『ローストビーフ』と『牛のタタキ』っつ~のは何がどう違うんだ?」 欧米の『ローストビーフ』に似たものに、我が国では『牛のタタキ』なるものがある。 ソースだかタレだか、付け合わせだかの違いだけで、調理の方法はたいして変わりがないんだろうなんて思っていたら・・・。 「料理方法はおんなじで... [続きを読む]

受信: 2013.02.09 20:35

« かたくりの開花。 > kuu | トップページ | 杏と柚子と。 > kuu »