« ねこかわいがり。 > kuu | トップページ | ムラサキケマン、クルクル。 > kuu »

2009.04.22

茗荷竹。 > kuu

茗荷竹のシーズンがやってまいりました。kuuは昨年、お初の出会いの食材でしたが大好きになりました。近所の農園で10本100円のを何回も買いました。香り豊かな薬味になるのです。今年はなぜか、まだ出てなくて・・・。
庭にも少しありますのでこれを採取しました。

茗荷竹

20cmに満たないものを3本。これくらいの大きさがおいしいと思います。

肉野菜炒め

おっちゃんが作ってくれた本日の主菜、肉野菜炒め(豚肉、キャベツ、玉ネギ、ピーマン、しめじ)にたっぷりと茗荷竹の小口切りを載せました。茗荷竹は生のままです。
おっちゃんは大満足。kuuは茗荷竹の風味があまり感じられないと思ってしまいました。。茗荷竹の使い方としてはもったいないような…。( ´・ω・`)

「風茶房 日々雑記」では日数が経つと過去記事の写真を小さくリサイズします。ココログのバックナンバーの仕様がタコだから、なんですけどね。だけど自分たちで気に入っているときや、細部が見えないと伝わらない写真はそのまま置いておきます。料理写真はほとんどリサイズしますが、昨年分で唯一、おっちゃんが「リサイズしないでくれ!」と言ったのは茗荷竹を使った料理でした。あれは確かに絶品で、茗荷竹がベストマッチでした。その記事はこちらです《別窓表示》

【追記】
検索でいらしてくださるかたが多いようなので、茗荷竹の簡単な使い方を。
・薄塩のシラスと、しばらく水に浸けておいて小口切りにした茗荷竹を混ぜるだけ。これ大好き♪ ごはんのお供にいいです。分量はシラス2 対 茗荷竹1 くらいでしょうか。
・ネギやアサツキと同じような使い方で薬味とすれば、おおよそなんでも大丈夫です。サラダのトッピングや冷ややっこにもどうぞ~。
・香りのあるものと組み合わせるより、茗荷竹をアクセントとして活かすような使い方を推奨。例:みそ汁よりは、すまし汁で!
・あまり加熱しないほうがいいです。風味が消えちゃいます。生の食感が○。

|

« ねこかわいがり。 > kuu | トップページ | ムラサキケマン、クルクル。 > kuu »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

茗荷竹、知りませんでした。
見た感じ、ミョウガの育ったのにでしょうか?
竹の仲間じゃなさそう。
どんな味なのか興味津々です。
近所に売ってないかしら・・・

投稿: 彩季堂 | 2009.04.24 21:27

◆彩季堂さん、茗荷竹と茗荷、根っこは同じ植物です。

http://kaze.tea-nifty.com/note/2007/07/kuu_2114.html

ぜひぜひ、上記をお読みください。m(__)m
味は茗荷と同系で、香りは若干弱く、そのまま食べやすいです。大好きぃ♪

投稿: kuu | 2009.04.24 22:40

なんと、「メガテン」でやってましたか。
この番組、大ファンなので録画して保存もしてるんですが、すっかり忘れてました。
なにしろ、ものが茗荷だけに・・・とオチまでついた(笑)

投稿: 彩季堂 | 2009.04.25 14:18

◆彩季堂さん、この番組、見たことないんです。(^^;
いやさ、ほとんどのテレビ番組を見たことがないのですが、、(^^;;

ネットの情報を紹介するときはけっこうたくさんのサイトを見て、どこにリンクするか、考えるのですが、このときはここが一番でした。
彩季堂さんがファンだとおっしゃるのなら、一度見てみたいと思います。^^

投稿: kuu | 2009.04.25 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/44757692

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷竹。 > kuu:

« ねこかわいがり。 > kuu | トップページ | ムラサキケマン、クルクル。 > kuu »