« タンタンでお出かけ。 > kuu | トップページ | アズマヒキガエルの幼体。 > kuu »

2009.05.22

2009年、野蒜の花。 > kuu

鱗茎をたくさん食べてしまったツケで、今年、開花した野蒜の花はふたつだけです。ひとつは茎が倒れ、もうひとつはつぼみのいくつかを虫に食われ…。それでも美しく咲いてくれました。

野蒜のつぼみ


野蒜の花
クリックで少し拡大します。(拡大写真上のクリックで閉)

野蒜の花とホソヒラタアブ
野蒜の花とホソヒラタアブ。こちらもクリックで拡大します。

撮影はCanon EOS 10D+TAMRON SP AF90mm F2.8 MACRO

|

« タンタンでお出かけ。 > kuu | トップページ | アズマヒキガエルの幼体。 > kuu »

庭の植物たち(2008~2009)」カテゴリの記事

昆虫と蜘蛛の写真」カテゴリの記事

コメント

眼福に与りました。
雄しべが最初は花びらにひっついていて、虫が来たら弾ける機構のように見えますね。

投稿: 彩季堂 | 2009.05.23 13:06

◆彩季堂さん、いつもありがとうございます。

>雄しべが最初は花びらにひっついていて、虫が来たら弾ける機構のように見えますね。

ここに掲載した写真だけだとそう見えてしまうかもしれませんが、野蒜の花は虫と雄しべに相関関係はないと思います。
開花して時間が経てば野蒜の雄しべは立ちます。
他の花もそうですが、雄しべにも変化がありまして、
・まだ花粉を出してない時期
・花粉を出している時期
・花粉を出し終わった時期

ひとつの花の雄しべでも、同じ状態ではなく、この3つが混在する場合もあります。植物というのは自然界の多様性を容易に見ることができるものだと感服すること多しです。

投稿: kuu | 2009.05.23 20:22

突然お邪魔します。
ウェブリブログでピン・ボケカメラを開いているカメ・虫(カメラの虫)です。
野蒜の花を検索いてましたらここにたどり着きました。
私も今日、野蒜の花を撮ってきました。

   ここです  ↓ よろしければ覘いて見てください。

  http://4491.at.webry.info/200905/article_23.html

投稿: ピン・ボケカメラのカメ虫 | 2009.05.24 21:36

◆ピン・ボケカメラのカメ虫さん、はじめまして。
拝見させていただきまして・・・・・ピン・ボケカメラのカメ虫さんがお撮りになったのは野蒜ではないのでは?と思いました。m(__)m

理由は、野蒜はあのようにたくさんの花を1本の茎から出さないだろう、というのと、もっとピョンと立ちあがるように咲きますし、ムカゴが付きやすいのにそちらのお写真では全く付いてないからです。
満開に近い状態で、庭のものはたいてい、

http://kaze.tea-nifty.com/note/2007/05/kuu_8541.html

この記事の一番上の写真のようになります。

うちは植物サイトではないので詳細がわかる写真は他でご覧になったほうがよろしいかと思います。では何の植物かというのにも、お答えできません。申しわけありません。
ユリ科、ネギ属を探すか、学術名(英名)で海外サイトまでご覧になれば、該当の植物は出てくると思います。

投稿: kuu | 2009.05.24 23:30

kuu さまへ
有り難うございました。
野蒜とは違いますね!!
近いのは、ギョウジャニンニクのようでもありますが
こんど根元の確認をしてきます。

投稿: カメ・虫 | 2009.05.25 20:15

◆カメ・虫さん、また見にきてくださってヨカッタです。
わたしも知らない植物の同定には、いつも苦労しています。
草丈や花のサイズ、葉っぱの状態(付き方や葉脈や裏側の様子)、雄しべの本数、雌しべの特徴、どんなところに生えていたのか(湿地か枯地か、山野か人の手の入った場所か)、全体の形(これ大事です!)などを押さえておくとよいと思います。
がんばってください!^^

投稿: kuu | 2009.05.25 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/45096360

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年、野蒜の花。 > kuu:

« タンタンでお出かけ。 > kuu | トップページ | アズマヒキガエルの幼体。 > kuu »