« 2009年、南天の花。 > kuu | トップページ | もっとマクロの続き。 > kuu »

2009.06.05

もっとマクロを撮りたいとき。 > kuu

庭の雑草を撮りました。どこにでも生えていますが可愛いと思っている花たちです。写真はクリックで拡大。(JavaScript ONなら、1枚ごとに閉じなくてもサムネイルクリックで次の写真が拡大します。閉じるときは拡大写真上でクリック)

ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミ

カタバミ
カタバミ

ドクダミ
ドクダミ

トキワハゼ
トキワハゼ
トキワハゼのつぼみを初めて観察しました。

今回の写真は、カメラはCanon EOS 10D、レンズはTAMRON SP AF90mm F2.8 MACRO、カメラとレンズの間に中間リング(エクステンション チューブ)を装着して撮影しました。これを付けることによって高倍率な撮影が可能になります。より被写体に寄れるということです。ウチのはCanon エクステンションチューブ EF12IIですが、もっと高倍率の EF25II というのもありますし、サードパーティー製のもあります。
多くの標準レンズ、望遠レンズ、ズームレンズに対応していますがどのレンズにでも付けられるわけではないので、対応はメーカーサイトなどで自分で調べてください。
レンズをよりマクロにする道具としてクローズアップレンズもありますが、おっちゃんは中間リング派です。中間リングはレンズのない筒状のものですから余分な色が付かない、レンズの味付けを損ねない、というのが理由だそうです。
装着するとピント合わせはマニュアルになります。それに暗くなり、被写体に接近するほど手ぶれしやすくなります。本来なら三脚で使うものかも。でも手持ちでガンバリました。もっと寄った写真は手ぶればかりでボツったんですけど、めげないでもっと天気のいい日にまたチャレンジします。
マクロすぎのマクロってのはものの部分しか見ていないわけで、誰が撮っても同じ写真になりやすく自己満足の世界かもしれませんけど、撮ってるほうは面白いんですよね。


  

|

« 2009年、南天の花。 > kuu | トップページ | もっとマクロの続き。 > kuu »

庭の植物たち(2008~2009)」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

そういえば私も300ミリのレンズにエクステンションを付けて600ミリにして遊んでいたことがあります。
気分は盗撮?(笑)
遠くのトリを狙うつもりでしたが、こうなると手持ちじゃ何が何だか分からない。
大きければ良いってものでもないと気がつきました(^^ゞ

投稿: 彩季堂 | 2009.06.12 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/45245625

この記事へのトラックバック一覧です: もっとマクロを撮りたいとき。 > kuu:

» もっとマクロの続き。  [風茶房 日々雑記]
前記事の続きです。きょうは天気が良かったので、Canon EOS 10D+TAMRON SP AF90mm F2.8 MACRO+中間リング(Canon エクス [続きを読む]

受信: 2009.06.07 21:19

« 2009年、南天の花。 > kuu | トップページ | もっとマクロの続き。 > kuu »