« 赤紫蘇と荻。 > kuu | トップページ | ガラス掃除と子猫の肉球。 > kuu »

2009.09.18

赤紫蘇の実の佃煮 やわらかめ。 > kuu

昨年は庭で採取した青紫蘇の実で、佃煮と梅酢漬け(塩漬けに梅酢を足したもの)を作りました。収穫の仕方が悪かったせいで、今年、青紫蘇はホントに少ししか生えなかったんです。おっちゃんが「枝を切ってから実を採る」と言ったとき、ちゃんと反対して枝を切らずに採れば種は多めに残ったはずなんです。と、終わったことを蒸し返してもしょうがないか…。

近所の農園で安く売っていた赤紫蘇の実を買ってきました。おっちゃんに「佃煮と梅酢漬け、どっちがいい?」と聞くと、「佃煮がいい」と言うではありませんか。意外でした。
昨年、kuuは佃煮で口内炎ができました。基本、口内炎に塩辛くて硬いものはダメなんです。その上、えびアレルギーなのに、あみえびを使ったものだから、それがいけなかったのかもしれません。
それで佃煮はおっちゃん専用になったんです。チビチビと少しずつしか食べなかったし、すごい時間をかけて食べていたので「あんまりおいしくないんだな」と思いました。そうではなく、おいしいのに1瓶しかないから大事に食べたんだそうです。それにkuuが食べられないから自分だけモリモリ食べるのは控えたそうで。・・・・・そうだったのか!
おっちゃんの気持ち、1年経ってわかりました。( ^ω^ )

余談:エラソーにブログに作り方を書いてますが、手作り品に自信満々なわけはないので、おいしいと言ってもらえないときは(届きましたの連絡だけとかね)「お口に合わなかったんだ」と思ってへこみます。これは、おっちゃんの珈琲豆も同じで、おっちゃんもへこんでます。( ´・ω・`)

そこで今年は、ふたりでモリモリ食べられるような佃煮を作ってみました。

赤紫蘇の実の佃煮

昨年はちりめんじゃこを使いましたが、これを釜揚げしらすの小さいのにしました。あとの材料は昨年と同じで、紫蘇の実(赤でも青でもOK)、青紫蘇です。あみえびは入れたらおいしいけど抜きました。調味料は、醤油、みりん、酒、砂糖です。作り方はこちら。《別窓表示》
ただ、しらすには水分が多いので青紫蘇の次にフライパンに入れました。それから、紫蘇の実のアク抜きの仕方を変えて、先に塩揉みしておいて茹で時間は1分と、短くしました。分量はテキトーで、しらす片手いっぱい、青紫蘇は両手山盛り、紫蘇の実は片手でこぼれるくらい。調味料はひたひた。
昨年のものに比べて日持ちは短いかもしれません。
だけど、やわらかめ~。食べやすいです。朝食は麦飯と野菜いっぱいの味噌汁と、この佃煮だけで満足です。口内炎も今のところ(2日前から食べています)できていません。

|

« 赤紫蘇と荻。 > kuu | トップページ | ガラス掃除と子猫の肉球。 > kuu »

梅しそ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/46247204

この記事へのトラックバック一覧です: 赤紫蘇の実の佃煮 やわらかめ。 > kuu:

» 青紫蘇の実いっぱいの佃煮。  [風茶房 日々雑記]
今年の紫蘇の実の佃煮は青紫蘇の実がたくさん入った佃煮になりました。 昨年までのレシピは、ちりめんじゃこ、干しあみえび、しらす干しなどの海産物を紫蘇の実以上にたく [続きを読む]

受信: 2010.10.14 22:23

« 赤紫蘇と荻。 > kuu | トップページ | ガラス掃除と子猫の肉球。 > kuu »