« 赤紫蘇の実の佃煮 やわらかめ。 > kuu | トップページ | きょうやったこと、やってないこと。 > kuu »

2009.09.19

ガラス掃除と子猫の肉球。 > kuu

しばらくサボっていた庭の改造作業を再開しました。涼しくなりましたしね。

おっちゃんがバイク作業用に庭に自分で建てた小屋がありまして、経年変化ですごお~いボロ小屋になっているんです。中はぐちゃぐちゃ。道路に面したところがガラスなので惨状が外からまる見え。覗いていく人もいるし、悪口言っていく人もいるし、ゴミを投げ込む人もいます。(;д;)
せめて目隠しして覗けないようにしたらいいのに、と思っていましたが、扉の開け方どころか、どこから出入りするのかもわからないような造りだし、中を覗いたら怖かったのです。(^-^; 手伝うことになるのでkuuも放っていました。
駐車場を作って狭くなった分をなんとかしたくて(タンタン2号計画があるので)、小屋の一部は壊そうということになり、初夏に着手するつもりが猫に占領されまして、しばらく様子を見ておりました。
最近、小屋では見なくなったので本日から壊しはじめました。

その小屋は低コストで素早く簡単におっちゃんと素人の仲間だけで作れるように設計したもので、鉄材とガラスとベニヤ板とトタンで出来ています。釘打ちはなし、溶接か、接着か、はめ込みで建てられています。ご近所の建設関係者が何十人も見学に来たそうで、見に来た理由は「これで倒れずに建ってる! すごい!」ということらしいです。構造計算上は理にかなってるそうで、事実、朽ち果てましたが倒壊せずに何十年も持ちました。壊すことは、全く考慮せずに建てたそうです。。

それで、きょうはガラスを叩き割り、鉄柱を何本か切りました、おっちゃんが。
kuuの役目は道具渡しとガラスの後片付け。このガラスの掃除がエライタイヘンで、ガラスの破片ってなかなか拾いきれません。始めるのが遅かったので例によって暗くなるまで作業したのです。暗くなったら見えなくなって掃除できない!と思ってましたがガラスの破片はどんなに小さくても灯りに反射してキラキラ光るんですね。「きりないよ」と言われても、何度も何度も掃き続けました。人間は靴を履いてるからいいけど、猫は裸足だから。

子猫の肉球

子猫の肉球

このやわらかい肉球が傷付くことのありませんように。
撮影はどちらも PENTAX K200D+DA 55-300mm F4-5.8ED

|

« 赤紫蘇の実の佃煮 やわらかめ。 > kuu | トップページ | きょうやったこと、やってないこと。 > kuu »

つれづれ(2007~2009)」カテゴリの記事

猫(2009)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お疲れ様です~
猫さんたちは足をなめたりしますものね。
なおさら心配になるのが分かります!
それにしても、
風茶房さんのお家が豊かな森の一軒屋のイメージになっています(笑)

投稿: アポロ三毛 | 2009.09.20 20:32

◆アポロ三毛さん、こんばんわ
はりきって仕事しすぎて膝がガクガク、階段降りるのがつらい。きっと成長痛なんだろう。。。慰めております。

一眼レフカメラは交換レンズの使い方ひとつで、ささやかな藪庭でも豪華な広大な邸宅に見せることが可能なのです。うはは

投稿: 風茶房の・おっちゃんkaze777 | 2009.09.20 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/46255630

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス掃除と子猫の肉球。 > kuu:

« 赤紫蘇の実の佃煮 やわらかめ。 > kuu | トップページ | きょうやったこと、やってないこと。 > kuu »