« イヤリング。 > kuu | トップページ | 2月の椿。 > kuu »

2010.02.27

ガマが出てきた! > kuu

数日前、藪庭の朴落葉を掃除しました。朴は朽ちるまで長い時間がかかります。今頃だと昨年の落葉はきれいな形のまま何層にも重なっており、乾燥した朴落葉の上を歩くと大きな音がします。ひと気のないところからガサガサと聞こえてきたら、そこには猫がいます。猫は朴落葉の上を存在証明するかのように音を立てて歩いたり、居心地のいいところで眠ったりしています。土の上より、あったかいんでしょうね。

朴落葉が好きな動物は他にもいまして、ガマ(正式にはアズマヒキガエル)は落葉の下に隠れています。掃除したとき、1匹の大きなガマをむき出しにしてしまいました。あわてて落葉を戻しましたが、どうやら起こしてしまったようです。そのガマが今朝、猫の飲み水の入ったお鍋の中にいたんです!

ガマには毒がありますから、猫のため、ガマは追い出しました。

追い出されたガマ

昨年までは鍋の外側の水溜の上まで水があったんですが、現在は水抜きしてありまして、ガマの産卵場所は無いんですね。ううーーーん、一昨年、昨年と水溜で産卵されて、卵がおたまじゃくしになり、おたまじゃくしがカエルになるまでガマ優先にしましたけれど、たいへん不便でしたので、今年はどうしようかと…。一昨年は庭にニセ池を作ろうとして失敗したんです。。

だけど、懲りずに今年もニセ池を作ります。(先ほど家族会議で決まりましたw)
早くしないと産卵されちゃいますから明日やるべきです!←家庭内伝言

※ガマの産卵の観察記録はこちら。「アズマヒキガエルの産卵」 《別窓表示》

|

« イヤリング。 > kuu | トップページ | 2月の椿。 > kuu »

カエル」カテゴリの記事

コメント

ヒキガエルの産卵すご~い。
あんなひも状で生むんですね。量にもびっくり。
あの観察記に感動しました。
私もあんな場面に遭遇してみたいです。ありがとう。

投稿: くの | 2010.02.28 09:50

◆くのさん、ありがとうございます。
卵の量にはわたしも驚きました。
卵全部が孵化するわけではなく、何より1cmのチビガエルが大きく成長するのが過酷で、庭はガマだらけにはならないんです。happy02
くのさんちのあたりにガマ(くのさんのお住まいの地域だとアズマヒキガエルではなく、ニホンヒキガエルかな?)がいたら、庭に浅い水場を作ってやれば、そこで産卵するかもですよ。寒いと卵が育たないので、もう少し安定して暖かくなる頃のほうがいいです。4月下旬以降くらい。

産卵用の水場と普段の生活場の森林もどき(土の中や枯葉の下で生息するため)が庭に用意できるくのさんちですから、ぜひやってみてください。
水場は汚すぎない、きれいすぎないのがコツのようで、水中に土の着いた枯葉を入れます。もし無事産卵したら、孵化しておたまじゃくしがカエルに変態する頃、古木の枝などを渡して陸に上がる道を作っておきます。それでOK!

勝手にレクチャーしてますが…(^^ゞ
他のカエルには詳しくないのですが、別の種類のカエルが孵化するかもしれませんしね。わたしも楽しみになります!

投稿: kuu | 2010.02.28 10:25

こんにちは。

自宅でヒキガエルの産卵から成長まで観察できるなんていいですねえ。

私も何度か庭に池を作ることを提案したのですが、クミゴン(妻)に即座に却下されています。

投稿: 混沌 | 2010.03.02 08:16

◆混沌さん、こんにちは。
奥さまのお気持ち、わたしはよ~~くわかります。
わたしの場合、ガマのほうがこの家の住人として先輩なものですから…。もともとガマの生息地が宅地になったようですしね。

予定通り翌日、土を掘って浅いプラスチックケースを埋め込んだニセ池を作りました。しかし、翌日から寒くなったため、ガマは姿を現しません。寒さがぶり返すと卵が育たないようなので、池の用意が早すぎる気もしましたけれど、猫の水呑場に入られるのはイヤなので、このままニセ池が藪庭に同化していくのを見守りたいと思います。

投稿: kuu | 2010.03.02 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/47681825

この記事へのトラックバック一覧です: ガマが出てきた! > kuu:

» ニセ池。  [風茶房 日々雑記]
2月27日の記事、「ガマが出てきた!」 《別窓表示》の翌日にはカエル産卵用のニセ池を作りました。しかしあの後、寒くなったせいか、ガマは出てきません。 ニセ池は浅 [続きを読む]

受信: 2010.03.07 23:49

« イヤリング。 > kuu | トップページ | 2月の椿。 > kuu »