« 写真展「東京湾岸の猫たち」 > kuu | トップページ | ガマが出てきた! > kuu »

2010.02.26

イヤリング。 > kuu

今は何のアクセサリーも身に付けていませんが、昔はイヤリングが好きでした。がんになって付けなくなりました。小さなものでも重く感じるときがあったのです。乳がんと一緒に左の腋窩リンパ節を切除したので術後に辛くて腕時計は止めたし、その後にコンタクトも化粧も毛染めも止めました。地味なおばさん化がひどく進んだっていうことですね。

ここに昔使っていたイヤリングがあります。

イヤリング

ずいぶん前に片方失くしてしまって1個しかないのです。好きなものだったので捨てられなくて、ピンみたいに加工できるかな? などと思って取ってあります。
これ、大学時代に同級生から貰ったものなんです。グループが違ったのでそんなに仲が良かったわけではないのですが、学席番号が近く、普通に当たり障りのない話をするような間柄でした。一緒に遊びに出かけたことはありません。なのに何故これをくれたのか、貰った当時も不思議に思ったことを憶えています。
貰ったのを強く憶えているのは、彼女が素敵な人だったからです。可愛らしい美人でセンスがあり、明るく朗らかな人気者でした。

卒業後、彼女は女優になりました。
今も活躍しています。
きのうは彼女が出演した舞台を観ました。
彼女の舞台を観るのは初めてで、卒業後に会うのも初めて。

限られた時間の中で少し話せました。
わたしのことを憶えていてくれました。
だけど、イヤリングをくれたことは憶えてないと思います。たぶん…。
くれた理由を知りたい気持ちを抱えたまま、卒業後30年近く経ち、同じ病気を経験しました。ブログをやっていることは伝えられず、パンフレットにサインを貰い、握手して別れました。

同い年光る肢体に花思ふ

|

« 写真展「東京湾岸の猫たち」 > kuu | トップページ | ガマが出てきた! > kuu »

つれづれ(2010~2011)」カテゴリの記事

コメント

あ、これはkuuさんに似合う! そう思って、くださったのではないでしょうか。くださった方、いただいた方、それぞれに若くてぴちぴちしていて、どこか幼いところを残して、きれいだったんだろうなあ。イヤリングを見て、そんな感じがします(いえ、いまでもkuuさん……たぶんその方も……おきれいですけれど)。

投稿: みょうが | 2010.02.27 09:42

◆みょうがさん、それなら嬉しいです!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
新品じゃなくて自分の使っていたものをくださったんですよね。
小ぶりでやわらかいアンティークっぽい雰囲気が一目で気にいったんです。そのとき、その場に他に誰がいたかも映像で憶えています。このイヤリングが手元にあったから、何十年も経ったのに劇場へ出かけて行ったのだと思います。

彼女はず~~~っとアイドルでフリージアの花のような人。今もです。
まあ、こちらは…いけてない派で年相応ってことで。ι(´Д`υ)

投稿: kuu | 2010.02.27 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/47669199

この記事へのトラックバック一覧です: イヤリング。 > kuu:

« 写真展「東京湾岸の猫たち」 > kuu | トップページ | ガマが出てきた! > kuu »