« EPSONの新型プリンター PX-5Vを体験してきた。 > kaze777 | トップページ | ひとりでお散歩、吉祥寺。 > kuu »

2011.02.09

裏話とkumakoさんの写真展。 > kuu

おっちゃんは行動が遅い!
きのうの記事をアップするのに4日もかかったのですよ。
kumakoさんの写真展が終わってしまうではないか!!
こんなことなら待たずに先に書いちゃえば良かったのですが、毎度のことながら、できない、やらない、とは言わず、「すぐやるから」と言い訳するのです。。こういうタイプの人、少なからずいるようで、お友達の旦那もそうだと聞いて、お互い慰め合ったことがあります。(-_-メ)

おっちゃんがPX-5Vのプリンター体験イベントに出ていた間、kuuは西新宿界隈でウロついて待っていました。
アチコチ行ったんだけども、印象的だったのはエプサイトで開催されていた『閉息潜水写真』というkumakoさんの写真展でした。明日(2月10日)の15時までなんですけど、行ける方はぜひ!
エプソンの展覧会情報ページ 《別窓表示》
ご本人のWebサイト 「kumako’s photography」 《別窓表示》

写真はもちろん、kumakoさんのお人柄、アンケート、すべて気持ちが良く、プロじゃない写真のうまい人って感じの悪い人が多いと思っているので、ある種カルチャーショックでした。ずっと応援したいです。
使用カメラがSIGMA DP1とDP2というのも驚きで、鑑賞できたことで自分の写真も少し変るかもしれないと、な~んとなく思いました。求心的でユーモアがあって美しく、他の誰にも撮れない個の写真を堪能しましたです。

さて、裏話のほう。おっちゃんのリクエストで書いております。
本人が書くとアレなものでkuuに書かせたいとのことでして。

エプソンのイベントでお土産をもらったんです。
ひとつはやたらに日保ちの良いプリン。
もうひとつは空箱

あとでわかったんですけど、空箱じゃなくてポートフォリオボックスとかって物なのでした。ポートフォリオ??と無知なおばちゃんは思いまして、イベント会社の方の"写真コレクションBOX"っていう説明の方が通じましたけれど、要は空箱です。
イベントが終わったおっちゃんと待ち合わせて食事したときに、「何いただいたの? 見せて~♪」とkuuがお行儀の悪いことを言ったため、西新宿のうどん屋(旨いと評判の丸亀製麺)で開けたんです。
ふたりでビックラ! 空箱だったから!
いただいたとき、口頭説明はなかったそうで、ものは箱だけで説明文書は入ってなかったし、無包装だったので、中身を抜かれて空箱になったものが来ちゃったのかと思いました。
本来なら写真プリント用の上質紙かなんかが入ってそうな硬い箱でした。
おっちゃん、「年寄りなのにブロガーイベントなんてものに参加したからホントは邪魔だったんだろうか。最後まで先生と話していて片付け出来なかったから嫌がらせされたのかな」と言い出しまして、そのまま帰るという感じではなくなり、エプソンに確認することにしました。
しかし、、、エプソン中の人は捕まらず、たまたまイベント会社の担当者の連絡先を知ってたものだからそちらへ電話し、おっちゃん、年がいもなく激怒したんです。手が震えてました。( ´・ω・`)

いくら、「ポートフォリオボックスです」とあとで説明されようが、説明文なしで無包装で、"エプソン"の社名が入っているわけでもなく、なんかの余り物を回したのか?と思っています。
A3ノビまで印刷できるプリンターの体験イベントで4ツ切しか入らない大きさ…。意図がわかりにくく、アレなら無い方が良かったんじゃないかと言いたい。

担当者に連絡を中継しつつ待つ場所を提供してくださったエプサイトスタッフの皆さまと、とばっちりで怒られて呼び出されたイベント会社の担当者さまには深くお詫び申し上げます。m(__)m

おっちゃん、たまに激しく怒ります。
最近では他に2つありました。怒っていい事件だったと思います。
某ファミレスと、母の通夜の席でのことですが。
ということは、今回も怒ってOKのことだったと妻は応援します。

写真は、数時間後にこんなことが起こるとは知らないおっちゃんが撮った、イベント会場のトイレの鏡に映った西新宿の風景です。

西新宿
kaze777撮影、Canon EOS Kiss X4+EF 50mm F1.8 II

|

« EPSONの新型プリンター PX-5Vを体験してきた。 > kaze777 | トップページ | ひとりでお散歩、吉祥寺。 > kuu »

つれづれ(2010~2011)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

僕もてっきり用紙が入っていると思ったのですが、写真を入れる箱でしたね。家に帰って開けてから気が付きました。お題に入っている和紙のプリント用紙くらいは後日いただけるとありがたいですが……。
kumakoさんの写真展、僕も拝見させていただきましたが、海中の静謐な感じが伝わってきて、静かな中にも迫力がありました。素潜りでの撮影って、やっぱりタンクを背負った写真とは違う気がしたのは、吐き出した空気が映り込まないってのもあるかもしれないと思ったり。

投稿: TOMAKI | 2011.02.10 17:20

◆TOMAKIさん、それなら、"写真コレクションBOX"ですよーって、一言でいいから文章が入ってて欲しかったですね。
エプサイトのスタッフもイベント会社の人も複数が、"中身の抜けた空箱"と思ってエプソンに連絡を取ってくれたんですよ。(゚m゚*)

kumakoさんのブルーはご自身のイメージした色を作り込んで表現していて、実際カメラに写った色は緑がかっているのだそうです。TOMAKIさんやkazeが吉田先生の講義を受けていた時間、わたしはkumakoさんの写真を観て、「作品」「色表現」ということを感じていたんだと思います。

kazeもお返事書くと言ってますので、またのぞいてやってください。m(__)m

投稿: kuu | 2011.02.10 21:53

> 実際カメラに写った色は緑がかっているのだそうです。

なるほど!やっぱり色も作り込んでいるんですね。
EPSONのワークショップで吉田さんのお話を聞いたときもそうですが、一つの作品を完成させるには、写真を撮った後の加工の作業も大切なのだと、勉強になりました。

投稿: TOMAKI | 2011.02.10 22:23

はじめまして。
私も、ほとんど同じようなシチュエーションで娘と「空箱ジャン!きっと、何かの間違いで中身が抜けたんだよ・・・」と話し合っていました。(後で確認できるようにと、わざわざ開封時間を写真に刻印してしまいましたよ)
どなたかのブログ記事で確認してから問い合わせようかと思っていたところ、AMNさんからメールで連絡が入りましたが・・・・
とっても立派な「箱」で、驚いてしまいましたね。
ご夫婦二人で写真を楽しまれているところ、我が家と似ていますね。時々覗かせてくださいね。

投稿: hisa | 2011.02.13 09:33

◆TOMAKIさん、レスおそくなって、すみません。
kumakoさんの作品をじっくり見て話をしました。
海水の表現にkumakoさん独自の東洋的な美の世界を感じさせられたのです。足元の汚濁した海の神秘をも感じさせる不透明な世界から見上げる煌びやかな水面。言葉を模索して、とつとつと語ったんだけども。
このダイビングスポット、水が汚れてて撮影には向かないと思ったりもするんだけど、なぜか好きで。なんか言葉で伝えられないことを、言い当てられたみたいで嬉しいです。と、はにかんで照れてらっしゃいました。

投稿: kaze777 | 2011.02.13 22:14

◆hisaさん、コメントありがとうございます。^^
おたくのブログの写真に私の白髪頭が半分あったので、真後ろの席にいらっしゃた方なんだろうなと思っています。こういうイベントは初めてしたので要領もわからず。
一緒に参加された皆様に挨拶もできず、ご無礼いたしました。
「空箱事件」は、ホントにびっくり箱で。あはは^@@^

投稿: kaze777 | 2011.02.13 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/50821950

この記事へのトラックバック一覧です: 裏話とkumakoさんの写真展。 > kuu:

« EPSONの新型プリンター PX-5Vを体験してきた。 > kaze777 | トップページ | ひとりでお散歩、吉祥寺。 > kuu »