« 春の雪。 > kuu | トップページ | 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 »

2011.03.09

EPSONのPX-5Vをモニターします。(3) > kaze777

本体が15kgもあるPX-5V、老体を痛めないように抱えないで運ぶ実践に入ります。

家庭内移動は、まず準備体操から。どこの筋肉をほぐせば効果的なのか?
たいてい、持ちづらくて重い物を運ぶ場合でも手首と肩を回す程度なんです。あとで痛くなるのは膝と腰だよ。足の筋肉をほぐしておかなきゃ。足の親指の上下屈伸、足首、膝、腰の屈伸と回旋。丹念にやっても10分くらいです。

さて、いよいよ、PX-5Vをどうやって運ぶのか?
荷物は紐で括って、祭りの山車と同じで曳くのです。平紐は持ったときに手が痛いから丸い紐がよろしい。直径5mm前後あたりが使いやすい。
還暦を迎えた爺の筋力は衰え、老化現象で爪も皮膚も薄い。ヤダネエ。。。
ゆえに滑り止めのゴムの付いた作業用手袋は必須です。
日常で紐くらいは使いますが、縄で縛るのは農業でもしてたら別だけど、都会の生活ではなくなったようです。今も使われているのは玉掛けとか卍やら亀甲くらいのもん。ちなみに卍は弾薬で亀甲は布団の結束方法。

括り方を文章で説明するのは、いささか大変なので、写真を見てください。

移動のため紐で括ったPX-5V

移動の際に廊下が傷がつくといけないから新聞紙を重ねて敷く。段差がある場合は段ボールを敷けば荷物が滑ってくれて便利です。
実際の家庭内移動風景は作業台が完成してから~。まだまだ続くよ~~♪

【関連記事】
「EPSONの新型プリンター PX-5Vを体験してきた。」 《別窓表示》(2011/2/8)
「EPSONのPX-5Vをモニターします。(1)」 《別窓表示》(2011/3/2)
「EPSONのPX-5Vをモニターします。(2)」 《別窓表示》(2011/3/6)

エプソン プロセレクションブログ《別窓表示》にトラックバックされた記事が参考になります。

|

« 春の雪。 > kuu | トップページ | 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/51078029

この記事へのトラックバック一覧です: EPSONのPX-5Vをモニターします。(3) > kaze777:

« 春の雪。 > kuu | トップページ | 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 »