« 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 | トップページ | 自家用箋。 > kaze777 »

2011.04.30

あの日の記憶。 > kaze777

あの日、徹夜で新聞原稿を書き上げた父が2階で寝ている私を大声で起こしにきた。
「おい神戸がえらい事になっとるぞ。テレビ見に来い! タバコ無いか」
あわてて寝巻きのままテレビのある茶の間に急いだ。
NHKの臨時ニュースが神戸の大地震の凄惨な有様を報じていた。
ところで「神戸の親戚は大丈夫なんだろうか」などと話をしていたら、立川の叔母から電話が来た。
「神戸の叔父さんが電話で『助けてくれ』って、それっきり。何べんも電話してるんだけど通じない。だから行ってきてよ!」
せがれは伊丹の会社にいるんだし、そっちに言えばいいじゃないかと言うたら、「せがれとも電話したけど、『電車動かないし、道路がアカンようで車では行けないし、会社の工場が大変なことになってしもうて、責任のある立場だから神戸には行けない。伊丹から自転車で行くよりもお兄ちゃんにバイクで飛んでもらったほうが早い』と言うとる」
電話をくれた叔母は数年前に寿司を詰まらせてころっと逝きましたけど、東京に嫁がなかったら丹波で代議士になってたはずの女傑で頭いいし弁は立つし、電話でもめても徒労に終わる。まんず言い出したら聞かない。
こちとら会社を経営してたし、店は持ってるし、、、そんなことはお構いなし。「当座の銭は用意したから出がけに寄んなさい」と命令された。

スズキのモトクロスレレーサーRH250を元にしたロードカフェバイクを整備して昼前に出かけた。
夕方、神戸の街の高台に住む叔父宅に到着した。叔父は寝室のベッドで600LはあるGEの超大型冷蔵庫の下敷きになって呻っていた。ビールがいつでも飲めるからと・・・あんなデッカイ冷蔵庫を寝室に置いちゃイカン。
叔父は病院の元院長で整形外科医。こういう時こそ災害救急の役に立ちたかったのにと悔やんでいた。
2~3日で帰る予定だったけど叔父の腰骨は折れていて、なんやかんや手伝って約1ヵ月神戸におりました。

今回の大地震で武蔵野の我が家は2階の非常階段の踊り場に設置してあった深夜電力の温水器が階段ごと落ちかけまして、それに気付いたのは4月になってからなんだけども…、、この連休は撤去工事に当たる予定です。

もはや電気温水器の時代じゃない。今後は太陽熱温水器にします。

|

« 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 | トップページ | 自家用箋。 > kaze777 »

つれづれ(2010~2011)」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。ブログ再開ですね。よかった

投稿: hikoboshi | 2011.05.01 10:04

◆ひこぼしたん、あんがとね。(@^0^@)

投稿: kaze777 | 2011.05.01 16:23

おひさしぶりです!
毎日、おじゃましてはいたんですが、なかなか更新されず、ご夫妻やお友達に、何か被害があったのかと心配していました。
再開されて、よかったです♡ 猫さん達にもヨロシク。happy01

投稿: てんてん | 2011.05.02 00:53

kazeさん、kuuさん、
再開されてよかったです。
大きな自然災害を経て、私たちが生きていることはまさに「偶然」なんだと思わずにはいられません。

>もはや電気温水器の時代じゃない。今後は太陽熱温水器にします。
本当に・・・・。
考えてしまいます。

投稿: ミントのみん | 2011.05.02 11:44

こんなサイト見つけました
http://solar.take-4.net/index.php
kazeさん器用だから作くちゃうかも
でも屋根の上にはしない方がいいと思う。
屋根が傷むし、なんといっても危ないから
南向きの庭があれば作ってみてください。

投稿: hikoboshi | 2011.05.03 09:58

3/10以来更新がなかったのでkazeさんとkuuさんに何かあったのかと心配していました。
階段が落ちる前に異変に気づけて何よりです。

武蔵野の春の写真やねこさんたちの写真待ってます。更新楽しみしていますね。

投稿: ななこ | 2011.05.03 22:17

地震の後からぱったりと更新が止まっていたので、
まさか旅行中にでも・・・・なんて心配していました。
電気温水器が・・・・くらいで済んでよかったです。
今回の災害は、あまりにも規模が大きく、結果が悲惨で、
いろいろな意味で残された私たちの考え方も大きく変えさせられた・・・と思います。

投稿: hisa | 2011.05.04 20:49

おはようございます。
kazeさん、kuuさん、お元気でよかった。
きっと震災で何かあったのではないかと心配していました。

神戸の震災のときの記憶、私にもあります。親戚が芦屋にあって
義母の兄弟夫婦が住んでいて、電車が通らない中、リュックに
ガスボンベや食料品を詰め込んで 義母とふたりで訪ねました。
その義母ももう亡くなりましたが、当時のことを思い出してしまいました。

我が家は去年 古い家の屋根にソ-ラ-パネルを設置しました。契約した時は、電気の買い取り価格より売り価格のほうが高いので、ほとんど電気代がかかっていません。残りの我々の寿命を考えると 設置費用がまだ高いので採算はとれませんが、年金生活になったときの経費節減になるかと思ってそうしました。停電になっても日中雨でなければ非常用として電気がつかえます。

美しい写真や文章、いつも楽しみにしていました。これからも楽しませてください。

投稿: くの | 2011.05.06 08:15

◆皆さま、あたたかいコメントをありがとうございます。
kazeがお返事すると言っておりましたが、遅くなっているので、つなぎで出てまいりました。m(__)m

kazeは「震災のことを書く」と言ったけれど、それは今回のことではなく、阪神・淡路大震災のことだったのには驚きました。
今回のことで何もなかったわけではないのですが…。

今、ひん死の重傷を負った猫を保護していて、ようやく回復してきたところです。
その猫は家の中で飼うことにしました。
一日の大半を猫と過ごしております。
kuuがブログを書くのは、もう少し先になりそうです。

しかし、kazeは書くと思います。
エプソンのプリンターの記事を書く約束をしており(そのためのモニターですから…)、その約束を果たしていないことなど、気になっているのですけれども…。

まとめレスで申しわけありません。
kazeのお返事をまた読みに来てくださいませ。

投稿: kuu | 2011.05.07 00:25

◆ひこぼしたん、どもども^^
最も日差しの良い場所に取り付けるのがベターとすると
1階の屋根を補強して取り付けるのがベストとなりますなー。とうぶん銭湯通いは続きそうです。あはは
◆てんてんさん
◆ミントのみんさん
◆ななこさん
◆hisaさん
◆くのさん
みなさま、ご心配をおかけしました。
30代の後半に爆発事故を起こしまして、瓦礫に挟まれ自分の左足が炎の包まれているのを眺めながら波乱万丈の人生もザッツエンドかなと思っていたら、かけつけた消防隊に助けられました。
そんなことを思い出していたら書けなくなっちゃいました。また書きはじめます。よろしく。

投稿: kaze777 | 2011.05.31 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13400/51537649

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の記憶。 > kaze777:

« 「深大寺だるま市 2011年」のフォトアルバム。 | トップページ | 自家用箋。 > kaze777 »