« キシリトール100% | トップページ | アムールヤマネコ。 »

2014.06.12

13年目の乳がん検診。

年に一度の乳がん検診があった。
手術から13年目になる。
本当なら経過観察の検診は10年限りなのだが、
10年目で引っかかって、引き続き専門的な検査をしてもらっている。
10年目に乳腺炎なのか、がんの初期なのか、
マンモトーム生検をしてもなお、グレーな箇所があったのだ。
昨年には、その部分が大きくなっていないから、もう大丈夫と言われたが、
私から望んでまた検査を予約した。
今年も悪い変化がないから、もういいんじゃないか、とのことだったが、
「心の拠り所なので、来年もお願いします」とお願いした。
主治医をとても頼りにしているので、
顔を見て5分話すだけで救われる気がする。
1年間、寿命が延びたと思う。
少なくとも来年の6月までは”生きている”んじゃないかと。

10年目のことを振り返る。
マンモトーム生検を受けたとき、kazeは一緒だった。
結果を私より、気にしていた。
しかし、結果を待たずしてkazeは逝った。
あのときは、もし、がんだと言われても、治療しないつもりだった。

今はどうだろう。
治療すると思う。
ペットシッターを頼み、ひとりでひっそりと入院する。
そして早々に帰宅するんじゃないかと、そんな想像をする。

だけどね、
きょう、結果を聞いたとき、kazeは一緒にいてくれたと思っている。

旧前田侯爵邸

|

« キシリトール100% | トップページ | アムールヤマネコ。 »

心と体」カテゴリの記事