« すべては猫のために。 | トップページ | ラベンダーオイル。 »

2014.06.21

イロハモミジ。

墓のイロハモミジの小枝を手入れした。
庭が無くなっても剪定鋏を捨てなかったのはこの木のため。
長年、放っておかれたので樹形が崩れていて、
一度はプロに頼んだ方がいいと思いながら自分でしている。
余分な枝と思っても小さな鋏では太すぎるものは切れない。
それと、ビヨ~ンと長く飛び出る枝がある。
これが徒長枝(とちょうし)というものか、ネットで見てもイマイチ不明。

今は翼果が美しい。

イロハモミジ

|

« すべては猫のために。 | トップページ | ラベンダーオイル。 »

つれづれ(2013~)」カテゴリの記事