« 第17回「たんば青春俳句祭」細見綾子賞、新設。 | トップページ | ヤマオダマキのこと。 »

2017.07.30

萩桔梗されど花野の女郎花

萩桔梗されど花野の女郎花 細見綾子

綾子がこの俳句を詠んだのは昭和60年だが、平成29年になって嫁の私はこの俳句を実感した。

オミナエシ

墓所に昨年、苗を植えた女郎花が満開に咲いた。
墓石よりも高く、雄々しく咲き誇っている。

桔梗もある。同時に花期を迎えている。
萩は無いが、宿根草のセンダイハギは植えてある。まだ花期ではないが。

ポール・スミザーさんに墓所の植栽を頼んだとき、花の指定はしなかったし、義父母の俳句はご存知なかったはずだ。なんという偶然。
女郎花がこんなに力を感じさせる花だとは知らなかった。
この風景に遭遇できたことに感謝しかない。

|

« 第17回「たんば青春俳句祭」細見綾子賞、新設。 | トップページ | ヤマオダマキのこと。 »

俳句」カテゴリの記事