« 帽子にあご紐を付ける。 | トップページ | ヤマオダマキ3年目。 »

2018.05.19

センダイハギ(白花)とホソバチョウジソウ。

墓所の草取りは5回目にして、ようやく終了した。
1度には1時間くらいしかやらなかったので(それものんびりと)長くかかってしまった。4月の雑草は小さすぎて摘まみにくかったのと種まきした山野草の芽との区別を確認しながらだったので、非常に時間がかかった。草取り開始は5月からでよいよと、これは来年のためのメモ。

4月20日に「初めての山野草の花。」という記事を書いたが、その後も書いておく。
センダイハギ(白花)は芽吹きから開花して種になるまでがアッという間だった。40日くらいか。
満開の頃。

センダイハギ 白花

植栽した苗はたった1株である。豪勢になった。

センダイハギ 白花

種のさやがいっぱい。花すべてがさやになった感じ。だが、種取りも種蒔きもしない。これで十分な存在感だ。

センダイハギ 白花


ホソバチョウジソウ。

ホソバチョウジソウ

これも1株から何本もの茎が育って大きくなり、たくさん花が咲いた。

ホソバチョウジソウ

ホソバチョウジソウはベランダの鉢植えでも育てているが、こじんまりとしか育たなかったし、花はひとつの茎に付いただけ。
墓所の土が合っているようで、大きく育って良かった。
こちらも存在感十分なので増やさなくてもいいと思っている。

|

« 帽子にあご紐を付ける。 | トップページ | ヤマオダマキ3年目。 »

つれづれ(2013~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帽子にあご紐を付ける。 | トップページ | ヤマオダマキ3年目。 »