カテゴリー「草木花」の114件の記事

2016.05.05

井の頭自然文化園の五月。

井の頭自然文化園のウケザキオオヤマレンゲ。

ウケザキオオヤマレンゲ

黒歴史だと思うのだが、一昨年までは”オオヤマレンゲ”と紹介されていた。
自然文化園でも間違えるのだな、という…。
オオヤマレンゲとホオノキの自然交雑種がウケザキオオヤマレンゲである。
昨日記事にした巨木のホオノキのすぐ近くにあるので違いが観察しやすい。
花期はホオノキより少し遅く、今からが盛りと思う。
モクレン属(マグノリア)の花は原始的な感じがして面白い。
写真は雌しべの先が開いているので開花1日目のはず。

園内の山野草園では、季節の草花が多種、見られる。
広大な井の頭公園の山野草より観察しやすい。

ホウチャクソウ。こういう色合いの地味な花は好きだ。

ホウチャクソウ

シラン。

シラン

蟻がいた。(^^)

武蔵野の公園ではよく見られるメタセコイア。

メタセコイア

五月を感じる。

|

2016.04.25

トキワマンサク。

うちのマンションの植物で名前が分からなかったのが、2年越しでようやく判明した。

トキワマンサク

トキワマンサク。
短いリボンを集めたような白い花が4月に咲く。
ウィキペディアには、「日本での自生は極めて限定的で、静岡県湖西市・三重県伊勢神宮・熊本県荒尾市のみ知られる」と書いてあった。
ここで初めて見たが、とても素敵な植物だ。
調べるのに時間が掛かった分、忘れないと思う。

|

2016.04.19

植物撮影。

月命日なので墓参りに行った。
カメラを持って、帰りに写真を撮る気満々で出かけたのだ。

寺の山桜の花期は終わっていて葉桜になっていた。
寺の中の山桜が咲いているのを、まだ見たことがない。
月命日に来たのでは遅いのだ。
いつかは見てみたいと思う。

また、寺にはイロハモミジがたくさん植えてある。

イロハモミジ

それはそれは、風に吹かれる青葉モミジは美しい。

イロハモミジ

先月に来たとき、満開だった染井吉野の桜並木の下は雑草の宝庫。
桜の蘂が落ちる地面の中で草花たちが「私も私も」と主張しているようだ。

綿毛のタンポポ

あちこちで満開だった八重桜。

八重桜

三鷹市大沢の里まで歩く。
入口に花蘇芳があるのに今まで関心がなかった。

花蘇芳

大沢の里はまたしても整備されて、花蘇芳がものすごく目立っていた。
足元も良くなって歩きやすくなったが、整備しすぎの感があり、
もはや「丹波に似ている」とは義母も思わないだろう。

ゲンゲ

ゲンゲの盛りはまだで、ぽつぽつ咲きだった。

ムラサキサギゴケ

ネットで名前を確認した、ムラサキサギゴケ。
トキワハゼと間違えやすい。
旧宅の庭にトキワハゼはあったがムラサキサギゴケはなかった。
ムラサキサギゴケは初めて撮影したと思う。

今年も田んぼの上に鯉のぼりが掛かっていた。

菜の花

去年と違う撮影がしたくて、しゃがんでみた。

|

2016.04.07

井の頭公園の桜、2016年。

昨日撮影した井の頭公園の桜。

井の頭池の桜

八重紅枝垂もだいぶ開いた。

八重紅枝垂

今度来るときは、水面に染井吉野の蘂がいっぱいに落ちている頃かな。
kazeに出会ってから読ませてもらった俳句歳時記で
「桜の蘂降る」という季語がお気に入りの言葉になり、
それから、kazeと一緒にいろいろな場所で桜の蘂の散っている様子を見た。
井の頭公園の他は善福寺公園などが思い出深い。

|

2016.03.20

杏の特徴。

前記事の杏か梅かで迷った花は(写真上の再クリックで閉じる)杏でいいみたいだ。
くのさん、ありがとうございます。
杏の分かりやすい特徴である「開花時に萼が反り返る」が足らないように思ったが、
再度見に行ったら、全体的に反り返っている萼がたくさんあった。(梅は反り返らない)
その他の杏の特徴、「萼の先が尖る(梅は丸い)」、「枝の全体に咲く(梅は枝の根本の方に咲く)」、「花に香りがない(梅は香る)」、「樹皮に細かい筋がある(梅は細かい筋が入らない)」など、確認してきた。
よその庭の杏だが、実の付くまで見守っていきたいと思う。

杏の花が終わると桜(染井吉野)の花期が来る。
同時期に咲く花の開花を一足先に見つけた。

シャガ
シャガ

ムラサキハナナ
ムラサキハナナ

|

2016.03.15

木本の花。

先週は震災忌があったし、天気が悪く寒かったので調子の出ない人もいただろう。
かく言う私が、ここ3年くらいで一番調子が悪かった。
不調の理由は分かっているので自省する。
しかし、友人と珈琲のおかげで持ち直した。

きょうは天気が良くなって青空が嬉しかった。
カメラを持ってお散歩。
これが出来るのは調子の良い証拠。

枝垂れ梅
枝垂れ梅。
カメラマンに人気の花だった。

フサアカシア
たぶん、フサアカシア。(ギンヨウアカシアだったらゴメンナサイ)
しかし、普段はミモザと呼んでいる。心の中で「これはアカシア」とつぶやくのだ。

乙女椿
旧宅にもあった、懐かしの乙女椿。(写真差し替えました)

梅か杏か
杏と思って撮影してきたが、家で見ていたら梅かもしれないと悩んだ。
ネットで数時間調べるも自信がなく、現物をもう一度見に行くと決めた。

コメント欄、開けます。

| | コメント (2)

2015.05.01

井の頭自然文化園の藤の花。

朴の花を見に、井の頭自然文化園へ行く。
朴の花は、もちろん咲いていたが、他にも感動があった。
「見たいな~」と思っていた藤があったのだ。
園内のど真ん中に藤棚があったのに、今まで気付かなかったので、
見つけたときにはワクワクしながら近づいた。
義母の俳句を思い出し、kazeの写真を思い出し、
あしかがフラワーパークへ行ったことを思い出し…。

藤

あとは桐の花が見たいなあ。
山をドライブしながら桐の花を見つけ合いっこしたっけ。

|

2015.04.01

辛夷。

武蔵野には辛夷の木が多い、と23区から移ってきた私は思う。
旧宅の庭にも辛夷はあった。
あった場所が悪く、電話線の下で、伸びて電話線に引っかかるとkazeが切った。
強剪定すると翌年の葉は大きく育つらしい。
大きな葉がたくさん道にも落ちて、ご近所からのクレームが多かった。
しかし道路際ゆえ、木製ポストが倒れないように支えになり助かった。
ヒヨドリなどの鳥がよく来ていて糞を落とし、それがkazeの車を汚した。
春、落ちた花びらを掃くとよい香りが立った。
秋に赤い実を見つけると嬉しかった。
思い出の多い植物なのだ。

辛夷

辛夷

写真は先日、井の頭自然文化園で撮ったもの。
今は白いひらひら真っ盛りのはずである。

|

2015.03.30

井の頭公園の桜。

井の頭公園の桜が満開になった。

染井吉野

井の頭公園

井の頭公園

平日だが花見客で賑わっていた。

私の大好きな八重紅枝垂の満開はもう少し先。

八重紅枝垂

|

2015.03.29

さくらさくら。

一昨日、井の頭自然文化園で撮った桜。
井の頭自然文化園は井の頭公園に隣接する動物園だが植物観察にも向いている。
名前札が付いているので助かる。

枝垂れ桜
枝垂れ桜

寒緋桜
寒緋桜

山桜
山桜

小彼岸
小彼岸

染井吉野
染井吉野

染井吉野だけ、開花が遅れていた。
明日あたりは見頃になるだろうか。

|

より以前の記事一覧