カテゴリー「珈琲」の33件の記事

2016.02.15

冷めた珈琲。

昨日はあんなに暖かかったのに、この寒いこと。
お供えの珈琲を下げて、昨日はそのまま飲んだが、今日は温め直した。

珈琲とチョコレート

珈琲豆の種類によっては、冷めてからの方が甘味が増したりする。
冷めるのを待って飲んでみてと、豆屋さんにアドバイスしてもらうこともあるのだが、
私は温かい珈琲が好き。
冷めてからがおいしいと言われる豆は買わないようにしてしまう。

朝、多めに淹れた珈琲をkazeと分け合ったら、
冷めてしまった半分は思い出を含んだ味になる。

ブタのチョコレートは幸福のお守りだそうだ。
tutto bene!=すべてうまくいくよ!

|

2015.05.04

あしたの楽しみ。

GWで混雑する中、お茶と買い物に出かけた。
よい店好きな店はどこもいっぱい。
珈琲は有名店の豆を使っているけどイマイチ、けれど食べ物はおいしい店へ入った。
チーズスコーンが、とてもおいしい。
お水を2杯もらって、珈琲の味がけむりくさいのは忘れよう。
その後、ペットショップや雑貨屋をのぞいて、ウィンドウショッピングを楽しむ。
おしゃれな雑貨屋で買ってしまったのは珈琲豆。
中川ワニ珈琲という人気焙煎人のブレンド豆である。
5月1日に焙煎した新鮮な豆が買えた。
あしたの朝、飲むのが楽しみだ。

ナガミヒナゲシ

|

2015.04.19

珈琲、大好き。

今年に入って胃の調子がいまいち良くなかった。
4月初めに検査を受けて結果待ちなのだが、検査後に、だんだん良くなってきた。
しばらくの間、控えめに飲んでいた珈琲を、また多めに飲むようになった。
たまたま、買い物と頂き物が重なって、6種類もの珈琲豆が家にある。
その半分は熟成させたオールドビーンズ。
豆の味が何より珈琲のおいしさを決めると思う。

家で飲むのはハンドドリップで200cc前後と決めて、あとは外の珈琲。
「サードウェーブコーヒー」には懐疑的だったが、不味い店もあるし、おいしい店もある。当然のことだ。

噂のブルーボトルコーヒーは頂いた豆を家でドリップして飲んだ。
信頼するプロのアドバイスに従って、テキトーに(じっくり丁寧にと真反対の淹れ方)
かなり薄目にドリップする。
おいしいではないか!
店舗へも行ってみようと思う。

写真は西荻窪のどんぐり舎。好きな店だ。

どんぐり舎

どんぐり舎

|

2014.03.31

4杯目の珈琲。

昨日はマグカップ4杯の珈琲を飲んだ。
ちょっと飲みすぎたと思う。
その4杯目の珈琲は、買ったばかりの豆を味わうためだった。
デパートで買った未知の豆。アメリカ産。

珈琲にはお金を惜しまない。
高くてもいい。
逆に安価で良い豆もあるから、価格で偏見は持たない。

賞味期限が袋売りの珈琲豆にしては短めの設定だった。
鮮度に気を使っている証拠だから選んでもいいと思った。
あとでネットで調べたら空輸品だった。
アメリカでは有名なカフェの珈琲豆らしい。

インテリジェンシアコーヒー

インテリジェンシアコーヒー、340g、2,800円(税別)、5月5日までの賞味期限。
浅煎りで慣れない味だが、けっこうおいしい。
パッケージが美しいね。

|

2014.01.24

おいしい珈琲。

うつ病の薬がようやく減った。
通院2年目にしてだ。
ここまで長かった。

帰路に寄った店の珈琲がおいしかった。
豆を買った。
家でもおいしく淹れられるかどうかはわからない。

豆のグレードと鮮度に気遣い、
浄水した水を沸かして湯の温度を下げ、
ハンドミルで粗目に挽いた豆を
三角すいのペーパードリップで落としていく。
kazeに習ったように。

ネルドリップ
写真は別場所で撮ったもので本文とは関係なし。

|

2010.09.23

SCAJ2010。 > kuu

スペシャルティコーヒーイベント SCAJ2010 《別窓表示》へ行ってきました。
おっちゃんも行ったことがなくてアンテナ張ってなかったのですが、ip2005さん 《別窓表示》のブログで開催日時を知って、招待券までいただきましたので二人で遊んできました。

コーヒーは嗜好品ですし好きな人ほど独自のウンチクがある世界で、人がおいしいというものにケチをつけるのも無粋なんでしょうけど、他の来場者や出展者と情報交換したところ、「おいしい!」「まずい!」に一致するところも多々ありました。なので一意見として、おいしかったところ、面白かったところのレポートをアップしたいと思います。
別行動でそれぞれ疑問を持ったブースに突っ込みを入れました。見た目重視で選んだ人材なのか?答えられない人も多かったし(派遣やコンパニオンが多いらしく…)、中の人でも答えに窮すると黙ったり不機嫌になったりして、楽しくない 遊べない 企業としてどうなのか!と思うブースもありました。写真はたくさん撮りましたが、感じの悪かったブースの写真は外しました。(もちろん、すべてのブースで話したわけじゃないし、試飲したわけではないので、他にも感じが良くおいしかったところはあるでしょうけれども)
写真はクリックで拡大します。JavaScript ONなら、1枚ごとに閉じなくてもサムネイルクリックで次の写真が拡大します。(閉じるときは拡大写真上でクリック) 撮影はkaze777とkuuの混ぜこぜです。
※撮影・掲載許可はいただいておりますが、それはここでの話ですので無断転載・無断使用を禁じます。

SCAJ2010イベント規模は年々縮小傾向で、出展者は減ってきたそうですが、それでも会場ではイヤになるほどのコーヒーを試飲できます。勧められた全部を飲むべからず、というのがポイント。まずかったら遠慮なく残しました。
入場口にあるココは感じがよいです。

SCAJ2010ココで飲ませてくれるコーヒーをイチ押しします!
フレンチプレスの弱点を感じさせない上に、どのブースよりおいしかったと思いました。(うるさ型5人程の意見です)

SCAJ2010そのコーヒーを追及して淹れてる中の人。おっちゃんと談話中。
ココは派遣を使わず、他のスタッフも話せるし、いい感じです。
試飲用には隣の有名店の豆を使っています。

SCAJ2010今、一番おいしい豆はハワイコナだと思うのですが、会場でハワイコナを飲ませてくれるのはたぶんココだけ、端っこの方。
社長さんは熱心で知識豊富です。※用意してる豆の量に限りがあるそうなので、試飲できない場合があるかもしれません。

試飲のおすすめは以上2つ。(^^;;

SCAJ2010kaze777の楽しみは最新の焙煎機を見ること、焙煎機の機械屋さんと詳しい話をすることでした。
※この写真は焙煎機屋さんではありません。コーヒー以外のものを試食させてくれる貴重なブースです。ほぼコーヒーしかないので菓子持参が良かったかもと思いました。マジ。

SCAJ2010アメリカ製の焙煎機、ディートリッヒ。
美しいです。

SCAJ2010ドイツ製の焙煎機、プロバットの焙煎後に豆をクーラー&クリーナーする箇所。羽根の構造が独特です。
ココの中の人は詳しいお方です。

SCAJ2010試飲していませんが(^^;)美しいブースでした。
絵になる感じに演出されていました。

SCAJ2010ピカピカの機械がぎっちり並んだところはどこも目を引きます。
個人ユースというより業者向けのイベントです。でもコーヒー好きなら楽しめます。

SCAJ2010原産国や生産者の出展もありました。
会場は国際色豊かです。このイベントで年に一度、交流をあたためることを楽しみに来日される方々もいるそうです。

SCAJ2010スタッフの笑顔が会場の雰囲気を作ります。

SCAJ2010カッコイイ外人が多いのです。
このブースに出入りしているイベントのナレーター役の人など、ジゴロ的な超カッコ良さで目を引きました。

SCAJ2010環境も、安全も、世界経済も大事。

日本の行政は何故か立ち遅れ。アレコレ想像しちゃうね。

SCAJ2010おっちゃんの聞いたところ、南米もアフリカも、現地では生産者でさえ、コーヒーを飲まないそうです。
「コーヒーは売るものであって、自分たちで飲むものではない」
では何を飲むか。

SCAJ2010「tea」という答えが多かったのですが、この写真のものを飲むところもありました。
これはコーヒー豆を取り出した殻で"キシル"と言います。煎って砕いたあと煮出して飲むのだそうです。薄いけどコーヒーの味がするそうです。

写真はないが言及したいこと3点。
・グアテマラコーヒーズのブースで無料配布している冊子の内容、イラスト、写真がいいです。2冊あって、「PORTRAITS of QUALITY」と「Green Book」
・コーヒーやカフェまわりの書籍を販売していました。品揃え豊富で、kuuの欲しかった本も置いてあったので買いました。「たぶん彼女は豆を挽く」「東京カフェを旅する」
この2冊についてはいずれ別エントリーを書く?かな?
・まずいコーヒーにあたってしまったら、おいしいお水でリセットしませう。会場内、浄水の試飲できる場所は1ブース。端っこの方です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.04

定期健診。 > kuu

年に一度の定期健診に行ってきました。おっちゃんと一緒に。
kuuはまだ体調イマイチなのだけれど、検査に引っ掛かるような感じはないので、回復のお墨付きをいただきたい気持ちでこのタイミングにしました。

以下、ビロウな話です。


毎年、難儀するのは便検査です。
2回分、採らなきゃならんのです。なるべく受診前3日以内に、と言われています。
kuuは便秘体質でして、おっちゃんは下痢体質…(でも夏は便秘ガチ)。
ふたりで足並み揃えて、というのがより難しく…。。
以前、おっちゃんは出ないからと持っていかずに怒られたこともあり。
採取してから行くと言うわけにはいかず、検査は予約して行くのです。
1回分出して、それから予約して、2回目を採取です。
しかし今回、おっちゃんは1回しか出ませんでした。
kuuは検査当日に早起きしてお腹のマッサージを続け、冷たいお水を飲んで2回目をガンバリました。Σ(;・∀・)

他には尿検査、血液検査、胸部レントゲン、心電図、メタボチェック、身体計測、問診をします。便検査・血液検査は結果待ちで、あとは大丈夫でした。(*^o^*) 眼科検診は別に眼科で受けます。

すぐにわかる範囲で引っ掛からなかったので取りあえず、ホッとしました。
7月8月と不健康話が続いて、ご心配くださった皆さま、ありがとうございました。^^

さてさて、きょうの写真は何にしようかと思って…。

8月に仕入れた珈琲の生豆は3種類で計40キロでした。
直接、商社から買うので輸入されたまま無選別の状態で購入します。夏は冷暗所に保存しないと虫がわく場合があるので、先にチェックして小分け分別します。そのときに見つけた珈琲豆以外のものです。

珈琲生豆に混入していた異物

コーンと石が入っていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.23

表参道、ひとりでお散歩。 > kuu

きょうはひとりで表参道へ出かけました。おっちゃんが一緒だと、ことごとく買い物の邪魔をするので行く気にならないような誘い方をして、ひとりで出かけることに成功しました(笑)。お財布に万札を入れるのを見られて諸注意があり、、、それを受け流してお出かけルンルン♪

目的は青山スパイラルマーケットでの「トラベラーズノートと仲間たち」という販売イベントで、このイベントのためにブレンドされたアアルトコーヒーの珈琲豆を買うこと。残念ながら珈琲豆は売り切れ。。。文具は見るだけのつもりでしたが素晴らしい新機軸のノートがあって感動し、そのすべてのサイズを買ってしまいました。自分なりにカスタマイズしたらブログで紹介するかも?

珈琲が恋しくて以前飲んだ屋台カフェ NOAKE 《別窓表示》を訪ねましたけれど、なんと!昨日までの営業だったとか…。今後は六本木ヒルズへ移動されるそうです。(帰宅してからネットで調べて知りました)

通りがかったお店から珈琲のいい香りがしてきたのでついフラフラと入店。某有名店です。しかし水が不味い。そのせいか珈琲も…。お水が悪いだけなら豆を買って帰ろうかと迷ったけれど、カルキ臭いお水を出す時点でダメだと思って止めました。焙煎の傾向がkuuの好み(=おっちゃん焙煎の珈琲)と違いましたしね。

ああ、おいしい珈琲恋し。
原宿方向に歩いてファーマーズカフェでまた珈琲を飲み、初めてでしたが気に入って持ち帰り用にも豆を買いました。(*^o^*)

途中で薄いキルティングのコートを買いました。必要だからではなく、デザインが気に入って服を買うのは何年振りでしょうか。遠い目…。
パンとジャムも買って、買わないけど高い雑貨や靴や鞄を見て、ゆったり幸せな気分になりました。たまには、こういう日があってもいいよねぇ。

ぺんぺん草

【追加関連記事】
購入したノートについて書きました。「寄り道。」 《別窓表示》

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.01.29

我が家の珈琲。 > kuu

家でおいしい珈琲を飲むのはひさしぶりです。
先週、新しい豆を仕入れに行って、今週頭に焙煎。今回はおいしくなるのに時間がかかり、やっとおいしく飲める味になりました。kuuは気が短くて、いつもなら3日目あたりで兆しが見えるのに、初めて買った豆はなかなかおいしくならなかったので、「豆が悪いか、焙煎が悪いか」と言って、おっちゃんを怒らせました。(^-^;

2種類の生豆を知り合いの業者さんから買いましたが、「ハンドピックしなくて大丈夫な豆だから」と言われて買ってきたのに、いえいえ、ダメ豆はありました。特にモカ種は豆相の悪いものが多く、悪いものを全部除くと飲む分が無くなっちゃうほどのものもあって、味に影響しない限りはピックしないんですけども、それにしても多かったな…。
モカは現在、日本では手に入りにくい種類の珈琲豆です。今回のモカの豆相を見たおっちゃんは、「これはもしかしたら栽培種じゃないかもしれない」と小躍りして、味に期待して、モカだけたくさん焙煎していたのですよ。(;・∀・)

何はともあれ、おっちゃん、ごめんね。

自家焙煎の珈琲が無い間でも、よその豆は買いません。外で飲むのは許されています(笑)。こういうときに外の珈琲を味わうのは刺激になるし楽しみです。
だけど、恋しいのは我が家の珈琲でした。

標コレクションのコーヒーミル

写真は標コレクション 《別窓表示》のコーヒーミルです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.18

中近東文化センターの標コレクション。 > kuu

おっちゃん、風邪を引いてしまいました。前記事のようなこと(寝不足→学校→図書館で居眠り→kuuの忠告をアダで返す)をやっていたせいだと思います。すぐに病院へ行ったおかげか、幸いにしてすぐ回復しましたし、kuuにはうつっていません。
早く元気になって、気力を出して、珈琲焙煎しておくれよ~。(* ̄0 ̄)ノ

標コレクション
kaze777撮影、PENTAX K200D+DA18-55mm F3.5-5.6 ALII

写真は中近東文化センターで今年の6月から展示されている標コレクション。『ウィーン・コーヒー伝来300周年記念人形 オーストリア 1983年』と書いてあります。
標交紀(しめぎゆきとし)さんは吉祥寺にあった『もか』という有名な自家焙煎の喫茶店を営業されていたかたで、昨年ご逝去されました。標さんが世界を旅して集めたコーヒーにまつわるコレクションが約150点、常設展示されています。世界各地のコーヒーカップ、古い時代の焙煎機やサイフォンやドリップポットなど、興味深い展示です。

中近東文化センター 《別窓表示》
現在の企画展は地味ですが、常設展示は楽しめると思います。左ボタンの「博物館」をクリックすると詳細がわかります。お出かけは金曜か土曜日をおすすめします。喫茶室が開いているのは金土だけなので。(ラストオーダーは16:00) ここの珈琲とケーキ、なかなかイケますよ。ケーキはスタッフの手作りで季節のものが3種類あります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)